Q3. 相続税はいつまでに申告しなければいけないのでしょうか?

A3.
被相続人が死亡をしたことを知った日の翌日から10ヶ月以内です。
相続人によっては遠方に住んでいるなどの理由により知った日が遅れる場合もあると思います。
それでも知った日の翌日から10ヶ月以内です。
そうなると相続人間で申告期限が違ってくることもあります。

遺産の総額が基礎控除を超えているにもかかわらず、もし10ヶ月以内に遺産分割協議と相続税申告を済ませないと、様々な特例を受けられないままの相続税を相続人全員で分担して納めないといけなくなります。

おまけに、亡くなった方の預金出金や上場株・投資信託の売却は、相続人全員の実印・印鑑証明が揃わないとできないので、その納税は相続人の全額自腹になってしまいます。
(その後3年以内に遺産分割協議がまとまれば相続税の還付申告は可能ですが 二度手間です。)

ということは、遺産分けの話合いや相続税申告は早目にスタートしないと間に合わないというこです。

詳しくは
10ヶ月以内に遺産分けや相続税申告をしないとどうなるの?
遺産相続の手続き・相続税申告の流れ
などをご覧ください。

 

よくあるご質問【相続税について】へ戻る>>

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP