Q17. 相続税には分割払い(延納)や、お金以外のモノで納税(物納)できる制度があると 聞きましたが、誰でも選択できるのでしょうか?

A17.
両制度ともありますが、平成18年に法律改正されてからは周到に策を練らなければいくら延納申請や物納申請をしても、当局に否認されるようになりました。

そもそも・・・
「延納」は、
現金一括払いできない一定の納税者だけがチャレンジ(申請)でき、
「物納」は、
「延納」による最長20年間の分割払いしても、未だ納税できようがない一定の納税者だけがチャレンジ(申請)できる制度なのです。

弊社も改正以前は、随分多くの方で延納や物納をしてきましたが、H18の改正以降は申請可能者はメッキリ減りました。

詳しくは、
 延納可能額が制限 >>>
 物納のポイント >>>
をご覧ください。

 

よくあるご質問【相続税について】へ戻る>>

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP