Q2. どのようなケースの場合に遺言が必要なのですか? 事例を教えてください。

A2.
遺言は単に “ もめごと防止 ” だけの為や、産が多い人だけのモノではありません。

財産ボリュームに関係なく、相続発生の瞬間から遺産は凍結・共有状態になり、全相続人の同意が無いとどうにも動かせなくなるので、相続人が2人以上いれば遺言は作成した方が良いでしょう。

又、相続発生時点で妻などが重度の認知症になっていれば家庭裁判所で一定の手続きを経ないと何も進みません。

配偶者の相続税軽減の特例や、自宅に対する相続税を軽減する特例も、遺言がなければ全相続人参加の遺産分割協議書が必須です。

弊社でも、遺言作成を承っております。

特に、
★ ⇒ 「遺言が必要なケース」 はこちら >>>

 

 

よくあるご質問【遺言について】へ戻る>>

 

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP