Q7. 遺書が出てきました。 不満があっても我慢してその通りにしないといけませんか?

A7.
その通りにする必要はありません。
相続人である配偶者、子供、父母には、「遺留分」と言う最低限の財産を相続できる権利が与えられています。

その遺留分というのは、法定相続分( A5.参照)の1/2とご理解ください。
(兄弟姉妹には遺留分というのはありません。)
ですから、遺言で書かれた財産配分割合が法定相続分の1/2を下回っている人は、逆に、過大に相続することになっている人に対して不足分を請求できます。

しかし、配分財産内容に不満があるだけで、時価ベースでの配分割合が遺留分を満たしていれば、話は異なってきます。

その他にも、デリケートな内容もございますので、まずはご相談ください。
(争訟のみを考えられている場合は弁護士さんへどうぞ。)

よくあるご質問【相続手続き編】へ戻る>>

 

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP