Q12. 自宅を兄弟の両方が相続したがっています。 どうしたらよいでしょうか?

A12.
兄弟で共有することはできますが、売却前提や兄弟のどちらかが生涯独身でない限り、兄弟の共有相続は、お勧めはできません。

兄弟双方に配偶者や子どもがいる場合は、兄弟のどちらかが死亡していく都度、更に共有者が増えていく可能性が高いからです。
(親子2人だけの共有相続は遺言を親が書くこととセットなら良いと思います。)

どちらかが自宅を全部相続して、自宅の価値の半分に見合う金銭などをもう一人に渡す 代償分割 という分割方法を検討することが多いです。

詳しくは、
遺産分けで失敗しない為の17ヶ条 
などをご覧下さい。

 

 

よくあるご質問【相続手続き編】へ戻る>>

 

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP