Q7. お金を借りると相続税が安くなるというのは本当ですか?

A7.
相続税は財産から借入金などの債務を差し引いた残りに課税されます。
しかし、お金を借りたことより預金という財産が増えてしまえば、相続税額は何も変わりません。

つまり、借りたお金の使途や目的が大切なのです。

例えば、
① お金を生んでいない土地を活かす為に、収益性の良い建物を建てる
② 値の上がりそうな上場株や自社株を買う
③ 将来の為に自宅や賃貸マンションの修理を先にしておく。
などです。

この中で、相続税節税効果が期待できるのは、ですが、

①は、長きに渡る収益性の良さが大切ですし、
③については、ムダな修理は本末転倒です。

専門家以外の言っていることも鵜呑みは要注意です。

よくあるご質問【生前対策編】へ戻る>>

 

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP