Q8. 死亡保険金の受取人は、誰にしておけばいいでしょう? 父は妹に遺産分けのつもりで、死亡保険の保険証書を渡しています。

A8.
死亡保険の受取人については、よく相談を受けます。
よくあるケースは、
① 母1人にしている
② 妹や弟にし、それらだけで遺産分けを済ませたつもり
③ 死亡保険金の非課税枠が 法定相続人数×500万円なので全員に各500万円にしている
④ 保険契約1本で兄弟妹の3人連名で割合指定で受取人にしている
などです。

遺産配分や争続防止のつもりであれば、これらは全て正解とは言えません。

死亡保険なら遺言によって変更することもできますが、遺言の書き方や保険会社の内規次第では変更できないこともあるので、
やはり、生前中に保険会社と受取人変更手続きを完了させておく方が安心でしょう。

まずは、
遺産分割対策・納税対策としての保険活用法
をご覧下さい。
その上で、お客様ごとにベストな受取人を決めましょう。

よくあるご質問【生前対策編】へ戻る>>

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP