Q11. 父が経営している会社へ、父がお金を貸しています。 貸付金も相続財産になりますか?

A11.
貸付金だけでなく、未払給料や未払地代家賃も相続財産になります。
特に多いのが、顧問の税理士が相続対策にうとく、同族会社への貸付金や役員への未払給料・未払地代で、の額も知らないうちに帳簿上だけどんどん増えているケースです。

会社の側からこの先も支払えない可能性が高いなら、せめてムダな相続税をはらわなくてもいいようにしたいものです。

解決方法としては、
① 貸している側から会社宛に内容証明郵便で「債権放棄」の意思表示をしておく
② お金のかわりに会社名義の不動産や動産で「代物弁済」してもらう
③ 資本金に振り替える「DES」
があります。

しかし、どの方法にも注意点がありますので、不慣れな顧問などの助言で安易には行わない方が良いでしょう。

詳しくは、
事業承継対策の落し穴
をご覧ください。

よくあるご質問【生前対策編】へ戻る>>

 

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP