Q13. 私は一人暮らしで、このままだと将来が不安です。 私の財産は長男に任せられたら安心なのですが・・・

A13.
自分に判断能力があるうちに、あらかじめ判断能力が低下した時に備えて、あらかじめの財産の管理を支援してくれる人を契約により
決めておくことができる方法が2つあります。

1つは、「任意後見契約」と言います。
2つめは、「家族信託」と言います。

任意後見契約は、公証人が作成する公正証書により結ぶ必要があり、かつ、法務局で登記が行なわれます。
後見の開始はあくまでも意思能力を欠いてからです。

家族信託は、家族の中から財産管理運用の担当者を決めておいて、予め定めたタイミングからその人に任せる方法です。

どちらの方法も一長一短あるので、弊社では、お客やご家族・財産状況を踏まえ、ご提案するようにしています。

詳しくは、
将来の認知症が心配の方
家族信託で財産管理
などをご覧ください。

 

よくあるご質問【生前対策編】へ戻る>>

 

 

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP