Q1. 個人で事業を行っていた父が死亡しました。何かしなければならないのでしょうか。

A1.
父の分としては廃業届、亡くなってから4ヶ月以内に準確定申告書を税務署に提出しなければいけません。
事業を継いだ人がいれば、事業資産の継承の処理、開業届他、各種届出書の提出も必要です。それぞれ期日がありますので注意してください。

詳しくは
被相続人の確定申告など
所得税・法人税・消費税もご安心ください
などをご覧ください。

 

 

所得税についての最新記事

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP