Q7. 長年連れ添った夫婦間では贈与税の特典があると聞きました。 必ずこの特典を使った方が得ですか?

A7.
その特典とは、
婚姻期間が20年以上の夫婦間で自宅の土地・建物、又は、妻が居住用不動産を取得する際の現金を贈与した場合、

通常の110万円の基礎控除とは別に、贈与税申告を条件に2,000万円まで贈与税がかからないという制度です。

相続税においても、3年以内のもち戻しの対象から外れるので、相続財産を減らすこともできます。

しかし、贈与税が軽減される反面、土地・建物で贈与する場合は、不動産取得税がかかり、登録免許税も、相続の時より高くなります。

弊社が夫婦間贈与のご相談を受ける際には、年々評価が下がる建物の贈与は1/100程度の持ち分に抑え、土地の贈与持分を200万円程度にするように計算しています。
そして、
登記費用や不動産取得税などを払えるように110万円までの現金を贈与されうよう提案しています。

 

よくあるご質問【贈与】に戻る>>

 

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP