Q2. ずっと以前から年110万円以下で子や孫に贈与してきたモノでも 相続申告時に否認される場合があると聞きましたが本当ですか?

A2.
本当です。
特に、贈与者の筆跡で子や孫名義の預金口座を開設していて、相続開始時においても、未だ子や孫がその預金を手付かずの状態のまま放置
している、いわゆる「名義預金」の贈与否認増加しています。

その傾向はマスコミでもよく取り挙げられ、遺産分けでモメた時の家庭裁判所の判断も、同様の傾向にあります。

名義預金には時効がないので、まずは、専門家打開策をご相談ください。

因みに、
今から子や孫に出金させても一括贈与となり、与税の時効より前にマイナンバーがスタートするので安易対応は禁物です。

詳しくは、 
★「贈与が否認されないために
★「贈与成立判定シート
★「マイナンバーが相続・贈与に及ぼす影響
をご参照ください。

 
よくあるご質問【贈与】に戻る>>

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP