Q9. では、巷で聞く『 教育資金贈与信託 』というようなモノは 使う必要はあるのでしょうか?

A9.
いいえ、
A1.A8.でもお答えしていうように、教育資金の提供は、国税庁のホームページでも贈与非課税なので本来はあのような出金する際に面倒な制度を使う必要はないでしょうし、扱っている銀行員以外プロ達は、元来おススメ していません。
しかし、全く検討価値が無いかというと、そうではありません。

何故かというと、
元来、資金提供や贈与というものは法的には贈与する側の意思能力がある間しか成立しませんので、意思能力が無くなってしまってからの分は支払ってあげられなくなります。

ということは、
祖父母の余命や意思能力に不安が出だしたら、検討する価値は出てくるというわけです。

 

よくあるご質問【贈与について】へ戻る>>

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP