タワーマンション評価の節税封じが動き出した

2018年(平成30年)1月以降に新築されたタワーマンションは所有フロアー(階数)によって固定資産税評価額を変えてきています。

例えば、
20Fを境に1F~19Fのフロアーは従来に比べて割安の評価にし、
21F以上は従来に比べて割高にというような事も検討しているようです。

と言うことは、
相続時のマンション評価の内、建物部分は固定資産評価を使うので相続評価も高くなるという訳です。

いずれにしても、国税庁はタワーマンション相続節税に注目しているようなので、
相続時精算課税贈与」や「相続」後、売却はできるだけ期間を空けることを検討した方が無難かもしれません。

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声
メディア掲載

無料相談で手続きの流れが分かる資料を無料贈呈

無料相談予約をする
電話相談はこちら

受付事前ご予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30