土地評価の技量不足で相続税を過大納付

先日も、数年前に顧問の税理士に頼んで申告・納税されていた方の相続税の内、約2000万円について還付が決まりました。

還付の原因は、税理士の土地評価の技量不足による過大評価でした。

お客様は、長年に亘り法人申告・個人所得でお世話になっていたベテラン税理士だし、『 相続税にも強い 』 と自称していたので、その税理士に相続も任せたそうです。

地主さんの相続で税理士を選ぶ際には、“強い・弱い” というあいまいな表現にすがるのでなはなく、

「宅建免許を持っていますか?」
「今まで何件の地主相続を扱ってこられましたか?」


というバロメーターを持つことが大切だと思います。

なにせ土地評価の技量だけで、数千万円の相続税差額になるのことはよくある事ですから。

ご参考ページ
● 土地評価は相続節税の第一歩   
● 相続税は税理士選びで変わる!  
● まだ間に合う相続税還付手続き
クリックでご覧ください。

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30