固定資産評価を修正し、相続税評価を減額したケース

jre-15hyokachi

 

 

 

■土地面積/約 892.00 m2
■状況/倍率地域にある雑種地

 

 

 

  状 況 相続評価
当初の評価  市役所の固定資産税評価を鵜呑みにし、 単に倍率を乗じていただけ。 2,149万円 
相続ステーション®の評価  標準地の選定や地目の認定の誤り、 減価要因 の見落としを市役所に指摘したことにより、 固定資産税評価額が更正され、その結果、 相続評価も適正化されたケースです。市街化区域でも、よくあることです。 644万円 

相続評価の差

(相続税額の差)

 

1,505万円

(602万円) 

土地評価事例の他の記事

解決事例の他の記事

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP