お客様事例

【遺産分け事例】結果に差がでる要注意事例~遺産分け編~

【要注意事例】 株や投資信託など時価が日々増減する資産が多い。 ⇒遺産分割後に換金する時に死亡時点より大幅に時価が下落していると、時間の経過 で大損する場合もあります。一日も早く相続手続きに着手を。 【要注意事例】 「相続放棄」発言や過去の念書で安心している。 ⇒「放棄する」と言ってる人が相続発生後3ヵ月以内に家庭裁判所で放棄の手続きを してくれない限り放棄したことにはなりません。 複数
続きを読む >>

【相続税事例】結果に差がでる要注意事例~相続税編~

【要注意事例】 土地は多いがお金は少ない。 ⇒土地評価のスキル次第で相続税額が増減するので土地を相続した人の相続納税 を考慮した遺産分割協議内容も変わってきます。 【要注意事例】 専業主婦の配偶者なのに金融資産が多い。 ⇒長年にわたり、ご主人の扶養になっていて年金以外の収入や実家からの相続も 無いという場合は相続税務調査の典型パターンです。 特に、配偶者財産が〔贈与税の基礎控除(年40~
続きを読む >>

【土地評価事例】固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

   ■土地面積/約 892.00 m2 ■状況/倍率地域にある雑種地    状 況相続評価当初の評価 市役所の固定資産税評価を鵜呑みにし、 単に倍率を乗じていただけ。2,149万円 相続ステーション®の評価 標準地の選定や地目の認定の誤り、 減価要因 の見落としを市役所に指摘したことにより、 固定資産税評価額が更正され、その結果、 相続
続きを読む >>

【土地評価事例】空中に高圧線が通っている土地

  ■土地面積/約 675.7 m2 ■状況/貸家の敷地    状 況相続評価当初の評価 貸家建付け地のみの評価減8,316万円 相続ステーション®の評価 敷地の一部が、高圧線の下になって  おり、利用が制限されているので  追加補正。2,910万円 相続評価の差(相続税額の差)    947万円 (378万円)   このほか
続きを読む >>

【土地評価事例】なだらかに傾斜している土地

  ■土地面積/約 399 m2 ■状況/傾斜地    状 況相続評価当初の評価 単純に道路の路線価で評価2,871万円 相続ステーション®の評価 地面が傾斜しているため、  整地費などの各種造成費を控除。1,383万円 相続評価の差(相続税額の差)  1,488万円 (362万円)   このほかの事例【土地評価事例】 形の良
続きを読む >>

【土地評価事例】容積率の違いで路線価から減額

  ■土地面積/約 980 m2 ■状況/途中で容積率が下がっている土地    状 況相続評価当初の評価 単純に路線価300千円を敷地全体(全面積)  に使って評価27,000万円 相続ステーション®の評価 容積率は土地の価額に影響を及ぼします。 容積率300%を前提に付設されている路線価300千円で敷地の全てを計算するのではなく、容積率が低い部分
続きを読む >>

【土地評価事例】アパート敷地での広大地評価の適用

  ■土地面積/約 1,920 m2■状況/近隣に戸建住宅が多い地域    状 況相続評価当初の評価 単純なアパート敷地として評価1億4,400万円 相続ステーション®の評価 周辺土地に比べ、著しく広い敷地として「 広大地評価 」を適用した。  8,330万円 相続評価の差(相続税額の差)    6,070万円 (1,821万円)  &
続きを読む >>

【土地評価事例】路線価のない公道に面した土地

  ■土地面積/約 501.66 m2 ■状況/路線価のない道路に接した土地    状 況相続評価当初の評価 アパート・自宅共に南側道路の路線価を用いて評価5,900万円 相続ステーション®の評価 自宅部分については西側道路のみから評価としました。その際、当該道路には路線価が付設されていなかったので、道幅、舗装の状況や下水道、ガス埋設の有無、道路の
続きを読む >>

【土地評価事例】上手な土地評価で相続税と遺産分け良いとこ取り!

  ■土地面積/約 453 m2 ■状況/空地   (相続税額の差) 状 況相続評価当初の評価 狭い通路に付設されていた路線価をそのまま用いて評価3,397万円 相続ステーション®の評価 幅員 1 mの通路では、建築基準法上の道路とならないことから、路線価を付設することが失当として、北側道路からの無道路地評価1,435万円 相続評価の差 1,962
続きを読む >>

【土地評価事例】自宅敷地での広大地評価

  ■土地面積/約 1,005 m2 ■状況/宅地    状 況相続評価当初の評価 建物が建っているということで、路線価を使ったシンプルな評価をしていた8,030万円 相続ステーション®の評価 幹線道路には面していましたが、容積率は周辺の平均戸建住宅や、マンションの状況 ・ ロードサイド店舗の状況などを調べた上で新広大地評価を行った5,125万円 
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP