【生産緑地相続の事例】選択肢

.どの農地を母が相続して、母が納税猶予すべき?

.どの農地を子が相続して、子が納税猶予すべき?

.どの農地を子が相続して、子が活用や売却すべき?

弊社では生産緑地の相続手続きや遺言作成の際に農地ごとに上記のどの相続がベストかを何通りもシミュレーションの上、助言しております。

.どの農地を母が相続して、母が納税猶予すべき?
(公道に面していないが、私道に面している生産緑地)
母が相続して、母が納税猶予。母死亡後に子が宅地化or納税猶予を再考。

.どの農地を子が相続して、子が納税猶予すべき?
(道に面していない無道路の生産緑地)
子が相続して、子が納税猶予。

.どの農地を子が相続して、子が活用や売却すべき?
(公道に接道している生産緑地)
子が相続して、子が活用又は売却。

 

<参考ページ>
生産緑地オーナーのコンサルティング

生産緑地 相続前後に関するQ&A

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP