解決事例

【土地評価事例】アパート敷地での『地積規模の大きな宅地の評価』の適用

(2018年1月~の相続発生)   ■土地面積/約 1,920 m2 ■状況/近隣に戸建住宅が多い地域         状 況 相続評価 当初の評価  単純なアパート敷地として評価 1億4,400万円  相続ステーション®の評価  地積規模の大きな宅地の評価 」の適用をした。 1億 800万円 
続きを読む >>

【土地評価事例】路線価のない公道に面した土地

    ■土地面積/約 501.66 m2 ■状況/路線価のない道路に接した土地         状 況 相続評価 当初の評価  アパート・自宅共に南側道路の路線価を用いて評価 5,900万円  相続ステーション®の評価  自宅部分については西側道路のみから評価としました。その際、当該道
続きを読む >>

【土地評価事例】自宅敷地での『地積規模の大きな宅地の評価』を適用

(2018年1月~の相続発生)   ■土地面積/約 1,005 m2 ■状況/宅地         状 況 相続評価 当初の評価  建物が建っているということで、路線価を使ったシンプルな評価をしていた 8,030万円  相続ステーション®の評価  地積規模の大きな宅地の評価を行った 6,183万
続きを読む >>

【土地評価事例】道路と地面の間に高低差がある土地

    ■土地面積/約 325 m2 ■状況/宅地           状 況 相続評価 当初の評価  一見すると角地であることから、  二方向の路線価を用いた角地評価 4,944万円   相続ステーション®の評価   路線価の高い北側の道路と対象地との間には1.5m~1
続きを読む >>

【土地評価事例】路線価の無い私道に面した土地

      ■土地面積/約 450 m2 ■状況/所有地の中に私道を通して貸家を建築している         状 況 相続評価 当初の評価  全ての市道に面した土地として、一体で貸家建付地評価 4,400万円  相続ステーション®の評価  市道に面していない部分の評価の為に私
続きを読む >>

【土地評価事例】道路との間に水路を挟んでいる土地

      ■土地面積/約 354.94 m2 ■状況/青空駐車場       状 況 相続評価 当初の評価  二方の路線に接しているとして評価 3,725万円  相続ステーション®の評価  北側道路との間には水路があるため接道していないと判断し、西側道路の路線価のみで評価。  セッ
続きを読む >>

【土地評価事例】区分評価で路線価から大幅減額

    ■土地面積/約 850 m2 ■状況/アパート敷地など           状 況 相続評価 当初の評価  アパートの敷地を一団の土地として  評価 15,300万円  相続ステーション®の評価  建物の建築確認申請に従い、棟ごとの敷地に区分して評価。それにより、
続きを読む >>

【土地評価事例】道路に提供している土地

      ■土地面積/約 682.0 m2 ■状況/道路に所有地の一部(45m2)を提供している土地           状 況 相続評価 当初の評価  一道路に提供している部分を含めて  全体をマンション敷地として評価 8,380万円  相続ステーション®の
続きを読む >>

【土地評価事例】間口の狭い土地や奥行きの長い土地

■土地面積/約 101.38 m2 ■状況/空地   状 況 相続評価 当初の評価  路線価に面積を乗じただけの評価 3,497万円  相続ステーション®の評価  間口の狭さに加え、間口に対して奥行きが長いことから追加補正 2,833万円  相続評価の差 (相続税額の差)     664万円  (232万円)
続きを読む >>

【土地評価事例】形の良くない土地

    ■土地面積/約 457.20 m2 ■状況/道路に斜めに接するような形         状 況 相続評価 当初の評価  路線価にめんせきを乗じただけの評価 4,389万円  相続ステーション®の評価  道路に対し、斜めに接するよな形となっており、不整形地として評価。 3,730
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP