持っている不動産が複雑なケース

含み損実現と会社への貸付債権放棄を組み合わせて相続税を節税したケース

ご相談者様の状況 滋賀県在住の女性からの相談。 夫から引き継いだ会社は、バブル時代に購入した不動産が多い上、夫が残した会社への貸付金1億5百万円が残っている。 貸付金を含む遺産総額は2億2,630万円、会社の株価は0円、推定相続人の数2人。 今のままでは相続税が4,129万円かかると言われた。 自分には年金収入が少なく、貯金を切り崩してゆく生活である中、将来自分に相続が発生した場合、
続きを読む >>

将来線引き変更予定の土地を生前贈与して相続税が節税できたケース

ご相談者様の状況 枚方市内にお住いの、女性の相続税生前相談事例です。 財産は、枚方市内の土地と建物と金融資産の合計4億3260万円(相続開始時) 相続人は、娘2人。基礎控除額は4200万円。 相続税の事を心配して、相談にこられた。 相続ステーションの提案内容 土地を精査した結果、近い将来都市計画の線引き変更により市街化調整区域の土地が市街化区域に編入されることが分かったため、生前に
続きを読む >>

相続人が苦労しそうな老朽貸家、貸地・小作地があったケース

ご相談者様の状況 お父様が他界され、相続人は同居の長男の他に、離れて暮らす二男・三男の計3人。 被相続人の財産は、不動産は自宅・貸地3ヵ所・貸家3軒、預貯金は約8000万円。 貸地・貸家は自宅周辺にあり、不動産は全て長男が相続し、預貯金を二男・三男が中心に相続する方向で考えてはいたものの、貸地や貸家の現況を踏まえて預貯金をどう分割されるかで悩まれ、相談に来られた。 相続ステーションからの提
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP