申告が期限ギリギリになってしまったケース

税務署からお尋ね書が届いたケース

ご相談者様の状況 和歌山市内にお住いの、女性の相続事例。 財産は、和歌山市内の土地と建物、金融資産の合計5700万円 相続人は、配偶者と子2人の合計3人。基礎控除額は、4800万円。 相続税が課税されるとは知らず、税務署からお尋ね書が届いてもしばらく 放っておいていた。 相続税の申告期限から8か月が経過したところ、再度お尋ね書が届いたため 焦って税理士を探し始めた。
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP