相続人同士の仲が良くないケース

【相続解決事例】相続人の仲が良くないケース

 仲の良くない兄弟姉妹で「仲良く話し合い」というのは土台無理な話です。 本来は公正証書遺言を作成しておくべきですが、遺言もなく相続発生した場合は・・・・・ 【対応1】  当社では、“ 皆様が当事者なので放っておかないで ” という心を込めて、相続人全員に文章で呼びかけをするケースも少なくありません。  例えば、 『遺産目録の作製が完了しました。〇月〇日〇〇時に遺産分割協議の場を弊社に
続きを読む >>

相続人の中に住宅ローン、年金暮らし、離婚などでお金が要りそうな人がいたケース

ご相談者様の状況 夫が亡くなり相続人は奥様と長女・二女の3人います。 夫の財産は自宅不動産のほか、預金や株・投資信託などの金融資産が中心で、 相続税の計算と合わせて相談したいと奥様からご連絡があった。 相続ステーションの提案内容 ご主人の遺産分けはこちらがご提案した2次相続の相続税額まで試算した提案をベースに奥様が決定しており、長女と二女も一応は納得していた。 長女には子がおり
続きを読む >>

遠方居住や疎遠になっている兄弟姉妹がいたケース

ご相談者様の状況 普段は私(長男)夫婦が父の世話をしてきました。 弟は遠くへ住んで数年に一度しか連絡をとっていません。 そんな弟でも法定相続分の主張をしてきています。 そればかりか、父の預金を使い込んでるのではないか?と弟が言ってきています。 どうしたらいいでしょうか。 相続ステーションの提案内容 このような案件はよくあります。 特に疎遠にしている子供が顔を出してくれる
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP