農地が絡む特殊なケース

持っている生産緑地について配偶者相続を提案して、節税可能となった事例

【ご相談者様の状況】困っている点 不動産はご自宅以外に生産緑地にある田が1箇所770㎡と市街化調整区域にある畑が2箇所 計1,800㎡について、相続人である配偶者(75歳)と息子さん(47歳)の計2名。息子さんは会社員の為に耕作はできるだけ避けたい。 その様な状況で・・・① 一次相続税の負担を少なくしたい           ② 将来の二次相続税も考えた遺産分割をしたい 【相続ステーシ
続きを読む >>

相続人が苦労しそうな老朽貸家、貸地・小作地があったケース

ご相談者様の状況 お父様が他界され、相続人は同居の長男の他に、離れて暮らす二男・三男の計3人。 被相続人の財産は、不動産は自宅・貸地3ヵ所・貸家3軒、預貯金は約8000万円。 貸地・貸家は自宅周辺にあり、不動産は全て長男が相続し、預貯金を二男・三男が中心に相続する方向で考えてはいたものの、貸地や貸家の現況を踏まえて預貯金をどう分割されるかで悩まれ、相談に来られた。 相続ステーションからの提
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP