金融資産が多いケース

税務署からお尋ね書が届いたケース

ご相談者様の状況 和歌山市内にお住いの、女性の相続事例。 財産は、和歌山市内の土地と建物、金融資産の合計5700万円 相続人は、配偶者と子2人の合計3人。基礎控除額は、4800万円。 相続税が課税されるとは知らず、税務署からお尋ね書が届いてもしばらく 放っておいていた。 相続税の申告期限から8か月が経過したところ、再度お尋ね書が届いたため 焦って税理士を探し始めた。
続きを読む >>

養子縁組をして、相続税が節税できたケース

ご相談者様の状況 相続人は、娘一人。基礎控除額は3600万円。税率ステージ30%で、相続税額は1382万円。 相続税の事を心配して、相談にこられました。 相続財産は、大阪市内の土地と建物と金融資産の合計1億540万円です。 相続ステーションの提案内容 相続人が娘一人しかいないため、娘の子供を養子縁組し、基礎控除を3600万円→4200万円に。 死亡保険に加入していなかったため、
続きを読む >>

株や投資信託など時価が変動する遺産が多かったため、早急に遺産分割をしたケース

ご相談者様の状況 お父様が他界され、相続人は子供3人、遺産は金融資産のみであったため遺産分割ももめることなく、均等に分けようと話をされていました。 遺産額が基礎控除を上回っていたため、相続税の申告について当事務所へ相談に来られましたが、相続人たちの仕事が忙しかったため、申告期限である10ヶ月を目途にゆっくりと進めてくれればよいとおっしゃられました。 相続ステーションからの提案内容 遺産の内
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP