金融資産・不動産ともに多いケース

相続人の中に住宅ローン、年金暮らし、離婚などでお金が要りそうな人がいたケース

ご相談者様の状況 夫が亡くなり相続人は奥様と長女・二女の3人います。 夫の財産は自宅不動産のほか、預金や株・投資信託などの金融資産が中心で、 相続税の計算と合わせて相談したいと奥様からご連絡があった。 相続ステーションの提案内容 ご主人の遺産分けはこちらがご提案した2次相続の相続税額まで試算した提案をベースに奥様が決定しており、長女と二女も一応は納得していた。 長女には子がおり
続きを読む >>

配偶者の保有財産が多かったため、トータルの相続税を考えて遺産分割をしたケース

ご相談者様の状況 財産1億円をお持ちのお父様が他界され、相続人はお母様とご長男のお二人でした。 配偶者は1億6,000万円までは相続税がかからないことを知っていたため、すべてお母様が相続して相続税が発生しないようにと考えておられましたが、申告は必要とのことで当事務所へ相談に来られました。 相続ステーションの提案内容 お母様の財産状況をヒアリングしたところ、お父様と同等の財産をお持ちであるこ
続きを読む >>

適正な土地評価によりスムーズに遺産分割ができたケース

ご相談者様の状況 お父様が他界され、相続人であるご子息2人が相続分どおりに遺産分割する約束をされておりましたが、財産の内容をみると不動産と現預金がほぼ同額であり、不動産は長男の自宅であったため、長男が不動産を二男が現預金を相続することになりました。 長男が相続税申告は自分でしようと計算をしたところ、長男の相続税が531万円発生し、自宅を売却しないと納税資金が準備できないことが判明したため、相談
続きを読む >>

専門家に相談して作った公正証書遺言でも相続改正決定以前に作っていたケース

ご相談者様の状況 相談者は不動産業を営む80歳男性でした。 配偶者は既に亡く、子は家業を継ぐ長男と他家に嫁いだ長女・二女の計3人。財産は不動産が約2億2000万円と預貯金が約3000万円、他に長女・二女を受取人とする終身保険契約が2000万円ある状況です。 相談者は、不動産のまま長男に承継していってほしいと強く望んでおり、他家に嫁いだ娘2人には各1000万円を保険金で遺し、全ての財産を長男に
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP