大変わかりやすく説明をうけ 即実践をと思いました

ご相談内容

遺言

満足度

満足

1.相続ステーションⓇにご相談いただく前はどのようなことにお悩みでしたか?

 相続税の仕組みとか 税軽減の方法について

2.相続ステーションⓇにご相談いただくことで不安は解消されましたか?
また、相談を受けていただいて感じたことをご自由にお書きください。

 上記のことについて大変わかりやすく説明をうけ
即実践をと思いました。

3.あたなと同じ様な悩みを抱えている方に、メッセージをいただけますでしょうか。

 

4.相続ステーションⓇの担当者に対してメッセージをお願いします。

 奥林所長の説明は大変理解しやすかった。

当事務所のサポート内容

遺言・後見をお考えの方向けの無料相談実施中

相続税申告、相続手続きや遺言書作成など相続に関わるご相談は相続ステーションにお任せ下さい。
相続ステーションの税理士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは初回無料相談をご利用ください。
財産規模に関わらず出張相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

遺言が必要な14のケース

遺言は“もめごと防止”の為だけではありません。しっかり作り込めば相続発生に伴う遺産の凍結・共有等の防止ができるのです。

民法改正による「自筆遺言の法務局保管」がスタートするまでは、自筆遺言は筆跡や意思能力を巡ってトラブルになりがちですが、公正証書遺言なら公証役場が無料で半永久的に保管し、再発行もしてくれるので安心です。

特に、次のような方は遺言の必要と言えるでしょう。

遺言が必要な14のケースについてはこちらから>>

遺言作成サポートの流れ

遺言作成のサポートの流れは次の様になります。

遺言とは、遺言者の最終の意思を表したものです。
よって、遺言書に自分の財産についての最終意思を書き記すことは、当然のことといえます。

さらに 財産に関する事柄以外も、自由に遺言に書き記すことができます。
しかし、遺言に書くことにより法的な効果をもたらすことができる事項は、法律で決まっています

遺言作成サポートの流れについてはこちらから>>

認知症への備え

本人の意思能力が無くなれば、下記のような様々な法律行為に支障をきたし、成年後見制度の利用を余儀なくされてしまいます。

2015年頃から、家庭裁判所は第三者を成年後見人に選ぶ傾向にあります。

そこで自分の意思能力が衰える前に予め、第三者による財産管理の介入を抑える為に、身内から後見人を選び、公正証書で契約しておく『任意後見契約』が注目されています。

認知症への備えを知りたい方はこちらから>>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP