遺言・相続対策のお役立ち情報

家族信託(民事信託)イメージ図

家族信託とは、信頼できる家族などに自分の財産を託して適切な方法で財産を管理・運用・処分・引継ぎをさせる為の方法です。通常、預けた財産から発生する利益は委託者が得る、という流れです。   【1】認知症対策 本人の意思能力が無くなれば下記のような財産管理の問題が生ずる為に対策しておく必要があります。 ① 不動産の売買や賃貸契約 ② 株式・投信・国債等の取引 ③ BKとの入出金取
続きを読む >>

家族信託・遺言・任意後見の比較

  家族信託 遺言 (公正証書・自筆) 任意後見 ご参考ページ ★家族(民事)信託のイメージ図 ・「家族信託(民事信託)」で財産管理 ・「遺言代用信託」で財産承継者の連続指定 ご参考ページ ★遺言が必要な15のケース ★遺言作成・遺言執行の料金表 ・40年ぶり民法改正【自筆遺言の分野】 ・遺言サポートの流れ ・遺言作成の
続きを読む >>

2019年~ 個人事業主の事業承継特例

弊社は、 中小企業庁 認定支援機関 として皆様の事業承継をお手伝い致します。 下記の業種の方々はドシドシご相談ください。 内容 2019.4.1~の5年間に都道府県へ『特例承継計画書』の提出を条件に・・・ 個人事業に使っている「特定事業用資産」の全てを 事業主から事業承継者に、相続や贈与をした場合、その資産に対する相続税・贈与税の納税を猶予する。 ※ 支店や事業ごとで承継者(=相続人や受贈
続きを読む >>

相続対策・事業承継対策 メニュー一覧

(全て消費税別途) 相続税額シミュレーション ●改正後の相続税を知っておきましょう。   ●1回目と2回目のトータルの相続税を知っておくことも大切です。   ●“相続税割合”も算出しておけば、財産ごとにかかる相続税を把握できます。 ⇒ H27年~相続税改正の影響     0円~数万円 程度 財産ボリュームにより異なります。(実費 別途
続きを読む >>

マイナンバーの脅威を知っておく

マイナンバーで資産分散や資産隠しがバレる?!  全国民別の所得(給与・年金、利息・配当・分配金、保険金など)や扶養情報を番号で一元管理。 次のような方の相続税や贈与税の税務調査が容易になります。  誰かに扶養されているのに、 ●預金の残高が多い方 ●株・投資信託の取引や配当が多い方 ●保険の満期や個人年金の受取が多い方 ●過去の収入に比べ、死亡時の財産が少ない方
続きを読む >>

遺言が必要な15のケース

遺言は相続発生に伴う『預金・投信・株の凍結』、『借入返済の遅延』、『不動産の共有化』、『個人事業の休止』、『法人組織の不具合』などを防止するツールです。 民法改正による「自筆遺言の法務局保管」がスタートするまでは、自筆遺言は筆跡や意思能力を巡ってトラブルになりがちですが、公正証書遺言なら公証役場が無料で半永久的に保管し、再発行もしてくれるので安心です。 特に、次のような方は遺言の必要と
続きを読む >>

遺言の書き方12のポイント“プロも知らない極意”

トラブル予防のつもりの遺言も、 次の12のポイントが抜けていると、逆効果になりかねません。 遺言作成650件を超える実績で培われたノウハウで、お客様に最適の遺言をご提案しています。 今後遺言を検討されている方だけでなく、既に作成済みの方も、下記の項目で気になる点があればお気軽にご相談ください。 ⇒遺言作成サポートの流れ ⇒公正証書遺言の必要書類 1.財産配分は、小規模宅地の特例や名義預
続きを読む >>

不動産オーナーは遺言必須

2005年(平成17年)9月8日、最高裁で大変な判決が出ているのをご存知ですか? 『オーナーの死亡後、遺産分割協議が整うまでの賃料は相続人全員に分配しなさい。』 という内容です。 (H25.9.5~の賃料は民法改正により、婚内外子同等の配分)   具体的には 【 例 】  ・マンション賃料    月/100万円  どのような影響が・・・
続きを読む >>

2018年~ 法人の事業承継特例

相続税猶予額の例   【甲の本来の相続税額】 【甲の猶予相続税額】 【甲の相続納税額】 甲 自社株100百万+他200百万=300百万 自社株 100百万   乙 他   200百万 他   200百万   計 500百万 300百万   税総額 150百万 70百万     150百万×300百万/5
続きを読む >>

賃貸収入の移転ほか

賃貸収入の移転 ●プライベートカンパニーの活用 ⇒管理型法人ではなく所有型法人へ  ◆個人増税・法人減税の流れの享受  ◆資金の分散  ◆所有や新築してから3年経過すれば株価対策にも  節税イメージ図をクリックすると大きくなります↓   「プライベートカンパニー3形態の比較表」はこちら>>   ●賃貸建物を子や孫へ「暦年贈与」又は「
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP