遺言・相続対策のお役立ち情報

相続税申告に伴う「その他の財産」の名義変更手続きの実施

保険契約の名義変更・・・・・契約している保険会社へ 保険契約者、保険料負担者が被相続人で被保険者が被相続人以外の場合は保険契約者を変更しておく必要があります。    1. 名義変更請求書    2. 保険証券    3. 契約者の死亡事実と相続人代表者と契約者の続柄記載の戸籍謄本    4. 相続人代表者の印鑑証明書 (発行日から3ヶ月以内) など 自動車の名義変更…普通車は陸運局、
続きを読む >>

相続税申告に伴う「遺族年金他」の名義変更の手続き

遺族年金等の受給及未支給年金請求、受給者死亡届・・・・・・最寄りの年金事務所 被相続人が年金を受けていた場合、死亡届・未支給年金の請求と併せて被相続人によって「生計を維持されていた遺族」は一定条件を満たしていれば遺族年金が受けられます。  1. 年金手帳や年金証書  2. 戸籍謄本  3. 死亡診断書(写)  4. 住民票(世帯全員が載ったもの)  5. 所得証明書  6. 請求者名
続きを読む >>

相続税申告に伴う投資信託・上場株式の名義変更手続きの実施

金融機関ごとに異なる「相続手続依頼書」を取寄せて、下記の書類と共に提出します。   1. 特定口座の場合は上場株式を相続人名義の口座へ移し替える手続も必要です。 2. 特別口座の場合は移し替える手続の為、全相続人の同意のもと、代表相続人を選出したことを「相続関係届出書」によって届け出ます。   (1)遺産分割協
続きを読む >>

相続税申告に伴う借入金の承継手続きの実施

マンションやアパート建築の為の借入金がある場合は、早目に相続専門税理士に相談されることをオススメします。 なぜなら 【1】税務面からの視点では、債務控除後の相続税額に加え   ①  将来賃料が下落した場合でも返済できるように   ② 相続後の所得税など を踏まえた債務承継者の決定がポイントになります。 又、 【2】法務面では
続きを読む >>

相続税申告に伴う土地・不動産の名義変更手続きの実施

不動産の管轄法務局へ下記の書類を提出。賃貸不動産の場合は、全賃借人に対して「貸主変更通知」送達など。 遺産分割協議書による場合  • 法務局宛の登記申請書  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍・改製原戸籍・現戸籍)  • 被相続人の住民票の除票(本籍地の記載のあるもの)又は戸籍の附票  • 相続人全員の戸籍謄本・附票  • 相続人全員の印鑑証明書  • 相続人の住民票の写
続きを読む >>

相続税申告に伴う預貯金口座の名義変更手続きの実施

金融機関ごとに異なる様式の書類を取り寄せて、下記の書類と共に提出します。 ■ 預金(1)遺産分割協議書による場合 1. 被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本 2. 全相続人の戸籍謄本 3. 全相続人の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内) 4. 被相続人名義の通帳・証書・キャッシュカード・鍵(貸金庫等) 5. 遺産分割協議書など (2)遺言書がある場合 1. 被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本 2. 全
続きを読む >>

相続税節税の為の「自社株の遺産分割方法」の提案

 相続対策として全相続人や全孫・婿・嫁に分散して自社株を贈与するのは危険です。 事業承継対策としての贈与なら後継者一人に最低50%、理想は2/3に達するまで集めていくべきです。  その理由は・・・ 普通決議事項   原則、株主総会において議決権の50%超の同意が必要な内容   ● 取締役・監査役の報酬の決定 など   ● 取締役・監査役等
続きを読む >>

相続税節税の為の「アパート・賃貸不動産の遺産分割方法」の提案

相続発生済の方 ①賃貸不動産だけでも早めに遺産分割を ②借金がある場合は根抵当の元本確定(6ヶ月)前に名義変更を 相続発生前の方 ①遺言を作成するか、②賃貸不動産を法人や子孫名義に変更しておくことです。 特に、借入がある場合、遺言は必須と言えます。   その理由 2005年(平成17年)9月8日、最高裁で大変な判決が出ているのをご存知ですか? 『オーナーの死亡後、遺産分
続きを読む >>

相続税とマイナンバー「相続・贈与に及ぼす影響」の説明と確認

マイナンバーで資産分散や資産隠しがバレる?!  全国民別の所得(給与・年金、利息・配当・分配金、保険金など)や扶養情報を番号で一元管理。 次のような方の相続税や贈与税の税務調査が容易になります。  誰かに扶養されているのに、 ●預金の残高が多い方 ●株・投資信託の取引や配当が多い方 ●保険の満期や個人年金の受取が多い方 ●過去の収入に比べ、死亡時の財産が少ない方 マイナンバ
続きを読む >>

相続税の税務調査対策「財産債務調書」の確認

所得税の確定申告義務がある方の内、   「総所得が2000万円以上」で、且つ、H27.12.末以降の各年末時点で   「3億円以上の財産」又は、「1億円以上の有価証券」を保有している方を対象に   財産・債務額の項目別の内容・額の提出が義務づけられました。   国税の狙いは・・・   将来の相続税申告対象財産の事前把握です。   不動産・預金・上場株・投信はもとより美術品・貴金属・同族会社など
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP