相続税のお役立ち情報

贈与税がかからない贈与(7)特定障害者扶養信託

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。   (7)特定障害者扶養信託 特定障害者扶養信託契約に基づく信託受益権 国内に居住する特定障害者(特別障害者又は特別障害者以外で精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にあるなどその他の
続きを読む >>

贈与税がかからない贈与(6)お祝い・お見舞い

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。   (6)お祝い・お見舞い 個人から受ける祝物又は見舞いなどのための金品、香典、花輪代、年末年始の贈答で、社会通念上相当と認められるもの   ~「贈与税がかからない
続きを読む >>

贈与税がかからない贈与(5)住宅取得資金贈与

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。   (5)住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税 住宅取得等資金贈与のうち一定の要件を満たすもの 制度の概要 父母や祖父母から居住用の家屋の新築、取得又は増改築等に充てるための金銭
続きを読む >>

贈与税がかからない贈与(4)おしどり贈与【居住用2000万円の適用判断】

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。   (4)おしどり贈与 夫婦間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除(いわゆる「おしどり贈与」) 特例の概要 婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するため
続きを読む >>

贈与税がかからない贈与(3)結婚・子育て資金の一括贈与

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。   (3)結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税 “一括贈与”を受けた結婚・子育て資金のうち一定の要件を満たすもの。(上記1の“その都度贈与”との違いは“一括前払い”)  
続きを読む >>

贈与税がかからない贈与(2)教育資金の一括贈与

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。   (2)教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税 “一括贈与”を受けた教育資金のうち一定の要件を満たすもの。(上記1の“その都度贈与”との違いは“一括前払い”)   制度の概要
続きを読む >>

財産配分で相続節税

相続が発生してからでも相続税を節税できる方法の代表例が次の【1】~【5】の5種類で、それらを活用できる申告が重要です。 【1】土地評価の際に路線価からできるだけ減額すること 【2】居住用の小規模宅地の減額特例を活用できる人が被相続人の自宅を相続すること 【3】「配偶者居住権」の活用で配偶者の生活を安定させながら、2次相続を節税 【4】「配偶者の税額軽減」や「未成年者控除」、「障害者控除」な
続きを読む >>

相続税の税務調査対策「預金履歴10年分の確認作業」

まずはこちらの動画をご覧ください! 相続税申告で絶対注意すべき税務調査ポイントを分かりやすく説明しています。 税務署の調査権限 税務署は国税通則法74条の3によって、全国の金融機関を調査する権限を有し、金融機関は被相続人と配偶者・子・孫・子の配偶者などの「預金残高」「取引履歴」の開示を拒むことはできません。 [ 税務署の照会書 ]   何年分の取引履歴を調
続きを読む >>

相続税がかからない非課税財産

相続税がかからない財産のうち代表的な4種は次のとおりです。 1. 墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物は非課税なので、相続発生前の購入なら結果的に相続節税になります。 ただし、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商品として所有しているものは相続税がかかります。 2. 相続によって取得したとみなされる生命保険金のうち500万円に法定相続人の数
続きを読む >>

相続後に「空き家特例」を使って節税売却

概 要  相続した家を使わず譲渡した場合には、譲渡所得から3,000万円を特別控除し、譲渡の所得税・住民税を軽減できる特例 ⇒ 共有相続して共同売却の場合は最大、 〔3,000万円×共有相続人数〕まで特別控除できるので、使わない家は遺産分割協議と並行して売却査定を。   対象となる空き家の要件など ●昭和56年5月以前に建築された戸建住宅とその敷地。  (⇒マンションは対象
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP