相続税のお役立ち情報

相続税申告が必要or不要 ~判断の落とし穴~

「課税価格」が「基礎控除」を超える場合に、相続税申告が必要です。 遺産 の 総額 注 ! ― 被相続人の 債務・葬式 費用 + 相続人に対する 前3年以内贈与 及び 精算課税贈与財産 = 課税 価格 課税価格 ― 基礎控除額        基 礎 控 除 額  は
続きを読む >>

相続税は税理士で変わる!

相続申告は、(1)土地評価(2)税務調査のポイントとなる生前分散資金(贈与・ヘソクリ)をガードできるかどうか(3)納税や生活資金、二次相続まで考えた遺産分割アドバイスがポイントです。 税理士にも不得意な分野があったり、 申告経験数も過去0件~数件~数百件と幅があるのも事実です。 税務調査対策や事業承継のスキルにも当然に差は出るでしょう。 土地評価や遺産分割の助言に不慣れな税理士の場合は、それらの
続きを読む >>

相続発生!知っておきたいこと一覧

≪ 相続が発生すれば ≫ ・・・・・時間の経過と共に財産に不具合が生じてきます。 ≪ 相続税申告が必要な方へ ≫ ・・・・・申告の際のポイントなど ≪相続税申告が必要or不要?≫ ・・・・・基礎控除を超えているか否かの判断には落し穴が ≪ 土地評価は特に大切 ≫ ・・・・・相続税額や遺産分割を左右します。 ≪「相続税申告のご案内」が税務署から届いた方へ≫ ・・・・・死亡日から
続きを読む >>

『相続税の申告の御案内』が税務署から届いた方へ

 人が亡くなると、死亡届を受理した市町村長は、相続税法58条に基づいて亡くなった方の住所地の所轄税務署に通知することになっています。  税務署は、故人の過去の給料や年金額、保険金の取得状況、不動産の所有の有無などから相続税基礎控除を上回りなそうな方について死亡日から6~9ヶ月程度で『相続税の申告等についての御案内』や『相続についてのお尋ね』を遺族に送付してきます。これは、KSK(国税総合管理
続きを読む >>

相続申告の税務調査ポイント

皆様は、税務調査と聞くと大資産家の家に踏み込むもので私のところは関係ないと思われているかもしれませんが、 H15~ 随分と様変わりしています。 特に、年110万円以下の生前贈与預金や配偶者名義財産について、「遺産では?」と追及してくる傾向にあり要注意です。 それに加えてマイナンバーにより、更に税務署は調査対象を広げてくるでしょう。  税務署が、おやっ? と思うポイント   ● 亡くなった方の過去の
続きを読む >>

遺産分けで失敗しない為の18ヶ条

早目に着手した方が良い6つのケース編 ① 株など時価変動が著しい財産がある場合 ② 自筆遺言や部分的な遺言しかない場合 ③ 賃貸不動産がある場合 ④ 借入金がある場合  ⑤ 相続人の中に重度の認知症の人や未成年者が居る場合  ⑥ ご先祖名義のままの不動産がある場合    遺産の分割協議の7つのツボ編 ① 法定相続分どおりに分けなくてもいい ② 実家はお母さんか同居して
続きを読む >>

10ヶ月以内に遺産分けや相続税申告をしないとどうなるの?

相続税の配偶者軽減(配偶者控除)と居宅特例が受けられなくなります。 相続税の申告と納税の期限は相続開始を知った日から10ヶ月以内ですが、奥さん(配偶者)についての相続税額の軽減(※注1)や居住用宅地の特例(※注2)は、遺産分割協議を整えた上で相続税申告をして、はじめて受けられる特例だからです。 もし10ヶ月以内に遺産分割協議と相続税申告を済ませないと、これらの特例を受けられないままの相続税を相続人
続きを読む >>

相続人の中に海外居住者がいる方や、国外財産があるという方へ

上記の方については毎年のように相続税や贈与税の納税義務が厳しくなってきています。【1】相続が発生すれば、有価証券の含み益に対して所得税が課税遺産の中に1億円以上の有価証券(同族株・医療法人出資含む)があり、且つ、相続人の中に海外居住者がいる場合には、有価証券だけでも4ヵ月以内に分割協議を終了していないと、被相続人が譲渡したものとみなして「国外転出課税」(含み益の約20%)あり 【2】国外
続きを読む >>

あなたは大丈夫?注意が必要な23のケース

相続税申告や相続手続きの際に注意を要する典型例です。 遺言作成や生前対策も慎重に。お早目にお電話下さい。 □ 土地は多いがお金は少ない。 □ 株や投信などの時価が日々増減する資産が多い。 □ 専業主婦の配偶者なのに金融資産が多い。 □ 子や孫名義にしている預金が多い。 □ 自宅や貸金庫に保管している現金・GOLDが多い。 □ 認知症になりそうな配偶者や未成年者がいる。 □ 生前中
続きを読む >>

贈与が否認されないために

“名義預金”贈与が否認されない為のポイント単に名義を分けただけでは、年110万円以下でも贈与は??? として相続申告後に税務調査されるかも。 H15~の税務調査は、「贈与ズミ」 or 「名義預金」をチェックする為と言っても過言ではありません。 特にマイナンバー制度により更に当面は分散財産を調べやすくなります。 昔と同じ感覚でいてはダメなのです。 贈与が成立するには 【 民法 549条
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP