相続税のお役立ち情報

相続税の税務調査対策「名義預金・名義株・名義保険の確認」「預金履歴10年分の確認」

まずはこちらの動画をご覧ください! 相続税申告で絶対注意すべき税務調査ポイントを分かりやすく説明しています。   相手を知らずして防衛はあり得ません 皆様は、税務調査と聞くと大資産家の家に踏み込むもので私のところは関係ないと思われているかもしれませんが、H15~ 随分と様変わりしています。 特に、年110万円以下の生前贈与預金や配偶者名義財産について、「遺産では?」
続きを読む >>

相続税の税務調査の狙われる先と防御法と税理士意見書面の添付

まずはこちらの動画をご覧ください! 相続税務調査で狙われる先と防御について解説しています。   相続の税務調査は、一般的に申告期限(死亡から10ヶ月)から2年前後に来る確率が約30%と言われています。 ~目次~ ① 税務調査の対象にされやすい傾向は? ② 相続税の税務調査対策「贈与預金口座開設時の筆跡」の確認 ③ 相続税
続きを読む >>

相続税の外国税額控除の適用判断で節税

【1】国内居住者が国外財産を相続した場合 国外財産についても国内財産と同様に、相続税が課税されます。 又、国外においても相続税に相当する税が課された場合には、二重課税を精算する相続税「外国税控除」という制度が設けられます。   【2】国外居住者が国外財産を相続した場合 2017年(平成29年)4月1日以降の相続や贈与から、 ■日本国籍を有する国外居住者が国外財産を相続・贈与に
続きを読む >>

相続税の節税方法「非課税財産の寄付」

A1. 相続税の課税対象となる財産には、被相続人が持っていた現金はもちろん、預貯金、土地、建物、有価証券、ゴルフ会員権、商売に関する売掛金などがあり、金銭に見積もることができる経済的価値があれば、そのほとんどが対象となります。 さらに、 被相続人の死後に支払われる死亡退職金(※)、被相続人が保険料を負担していた場合の死亡保険金(※)、生前贈与していたつもりでも法的に贈与が成立していない名義財
続きを読む >>

相続税の節税は税理士で変わる!初回相談無料

相続申告は、 (1)土地評価 (2)税務調査のポイントとなる生前分散資金(贈与・ヘソクリ)をガードできるかどうか (3)納税や生活資金、二次相続まで考えた遺産分割アドバイスがポイントです。 税理士にも不得意な分野があったり、 申告経験数も過去0件~数件~数百件と幅があるのも事実です。 税務調査対策や事業承継のスキルにも当然に差は出るでしょう。 土地評価や遺産分割の助言に不慣れな
続きを読む >>

相続税を相続人毎に別々に申告したい方へ

A13. もちろんです。 「遺産分割でもめている兄弟の税理士だから、  『兄弟の味方の様な気がする。』  『自分に不利な遺産分割を強いられるかもしれない。』」などの理由から、 別々の税理士で申告をする事はよくあることです。 特に、 遺産が思っていたより減っていた場合や納得できない場合は、別々の申告をおすすめします。 弊社に相続申告の相談をされる方の中でも、そのようなことが原因で
続きを読む >>

相続税申告10ヶ月の流れを相続発生から解説

相続が発生すると・・・ (1)遺産の特定  (2)遺産の評価算出 (3)遺産分割の協議 (4)遺産の名義変更  という重要課題を短期間に対処する必要があります。  ⇒ 相続トラブル要素のビジュアル  特に最近は遺産分割協議がシビアになりがちで、又、税務調査プロテクションの対象者も増えているので、手際の良さと慎重さの両方が求められています。 ※死亡から10ヶ月以内に遺産分割協議を済ま
続きを読む >>

税務署から『相続税の申告の御案内』が届いた方へ

 人が亡くなると、死亡届を受理した市町村長は、相続税法58条に基づいて亡くなった方の住所地の所轄税務署に通知することになっています。  税務署は、故人の過去の給料や年金額、保険金の取得状況、不動産の所有の有無などから相続税基礎控除を上回りなそうな方について死亡日から6~9ヶ月程度で『相続税の申告等についての御案内』や『相続についてのお尋ね』を遺族に送付してきます。これは、KSK(国税総合管理シス
続きを読む >>

相続税申告と計算が必要な方へ

相続税申告のポイントは、 (1)税額と遺産分割を左右する土地評価の算出 (2)最適な遺産分割方法の提案 (3)納税資金の捻出 (4)遺産分割相続税申告の対象財産の特定 (5)将来予想される税務調査のプロテクション 一生一大事の相続申告だからこそ、専門事務所としてのノウハウ・経験・手際良さ・税務当局への説得表現力で支援させて頂いています。 詳しくはこちら⇒ 相続ステーション®の7つ
続きを読む >>

贈与税がかからない7つの贈与

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。 ~目次~  (1)生活費・教育費のその都度払い (2)教育資金の一括贈与 (3)結婚・子育て資金の一括贈与 (4)おしどり贈与 (5)住宅取得資金贈与 (6)お祝い・お見舞い
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP