相続税のお役立ち情報

相続税申告と生前贈与の関係

 贈与成立の主張は1.全贈与財産との整合性 2.成立年度 がポイント!   「生前贈与加算」にて精算  前年・前々年のみ贈与税の期限後又は修正申告・納税の後「生前贈与加算」で精算                                  ※ペナルティ 有  贈与申告・納税で完結  受贈年の翌年3/15から6年(隠ぺい7年)以内であれば贈与税決定又は更正
続きを読む >>

相続税・贈与税のペナルティ税率

相続ステーションの無料相談サポート 相続は一生のうちに数回しか経験することがないため、多くの方が不安や疑問を抱えていらっしゃいます。 そうした方々の不安や疑問を少しでも取り除くために、私たちは初回無料相談を承っております。 当事務所の相続の専門家が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、お気軽にご利用ください。 ペナルティの概要  相続・贈与税本税に下記のペナルティが合算さ
続きを読む >>

相続税の申告に必要な書類

相続ステーションの無料相談サポート 相続は一生のうちに数回しか経験することがないため、多くの方が不安や疑問を抱えていらっしゃいます。 そうした方々の不安や疑問を少しでも取り除くために、私たちは初回無料相談を承っております。 当事務所の相続の専門家が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、お気軽にご利用ください。 相続税の申告には、これだけの書類が必要です! 見る気力もなくし
続きを読む >>

お母様名義でも「お父様の遺産では?!」と言われる理由

お母様の財産について、お父様の相続税申告後に 「遺産申告もれでは?」 と税務署が注文をつけてくるケースが増えています。 今後は『マイナンバー法』により、投資信託の分配金、個人年金保険・満期保険の受取り予定のお母様は、特に注意が必要です。 税務署の傾向 民法では、夫婦の財産について     『 婚姻中に夫婦で蓄えた財産は稼いだ人の財産とする 』 (762条1項) と規定されて
続きを読む >>

実質所有者(贈与成立)判定シート

名義人が実質所有者でもあることを主張するには下記★印欄の痕跡が最低1つは必要となります。 
続きを読む >>

相続税申告が必要な方へ

相続税申告のポイントは、(1)税額と遺産分割を左右する土地評価の算出(2)最適な遺産分割方法の提案(3)納税資金の捻出(4)遺産分割相続税申告の対象財産の特定(5)将来予想される税務調査のプロテクション 一生一大事の相続申告だからこそ、専門事務所としてのノウハウ・経験・手際良さ・税務当局への説得表現力で支援させて頂いています。詳しくはこちら⇒ 相続ステーション®の7つの強み ●税申告が
続きを読む >>

被相続人の確定申告はいつまでに?

被相続人が確定申告義務者である場合や相続人が賃貸不動産・事業を承継する場合は様々な手続きが必要です。早めに相続ステーション®までご相談ください。⇒所得税・法人税・消費税もご安心下さい。   被相続人の確定申告などの手続き期限 死 亡  ■   速やかに  ◆   ●被相続人の所得税の廃業届出 ●消費税の
続きを読む >>

相続が発生した全ての方へ(まず生じる問題)

死亡保険金や遺言記載の財産以外は、被相続人の死亡の瞬間から相続人全員の共有となり、下記のような問題が生じてしまいます。 生前中の「相続放棄する」旨の同意や書類は無効です。 『放棄』は相続を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所での手続きが必須です。 又、相続人に重度の認知症の方や未成年者がいる場合も、家庭裁判所で別途の手続きが必要です。   何種類もの書類に相続人全員のサイン・
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP