新着情報

新しいページを作成しました

【相続解決事例編】相続人の中に海外居住者がいる場合の相続手続き

のページを作成しました。

3つの留意点でまとめてみました。

 

新しいページを作成しました。

個人事業主の相続税にも軽減制度?

医院や店舗・工場など個人事業に使っている「建物」「機械」や「設備」を相続承継した際の相続税にも軽減や猶予される制度ができるかもしれません。

この新しいページはこちら>>>

相続税申告報酬を改訂いたしました。

2018年8月13日~の新規ご依頼分からの『相続税申告報酬規程』を改訂いたしました。

詳しくはこちら>>>

新しいページを作成しました。

生産緑地解除(買取申出)の際の制約に法的な根拠が無かった事が証明できました。

詳しくはこちら>>>

新しいページを作成しました。

生産緑地オーナーの皆様へ

「都市農地の貸借の円滑化に関する法律」2018(H30)年6月成立で何が変わったのかを解説したページを作成しました。

詳細はこちら>>>

をご覧ください。

7月6日付 民法改正 可決成立しました。

それに伴って、ページ更新しました。

詳細ページ
40年ぶり民法改正案【遺言の分野】
40年ぶり民法改正案【配偶者・その他の分野】

40年ぶり相続民法改正の成立について

2018(H30)6月19日に、衆議院本会議で改正が可決され、残すは7月22日までの延長国会にて参議院本会議での可決のみとなり、成立がいよいよカウントダウンに。

詳細ページ
40年ぶり民法改正案【遺言の分野】
40年ぶり民法改正案【配偶者・その他の分野】

地震で被災された方の税の減免について

お見舞い申し上げます。

【家屋固定資産税の減免】

家屋が損壊された方は、市役所の固定資産税課で被災を確認できれば、家屋固定資産税の一部が減免される制度を作ると思われます。

家屋を修理をする前に市役所の固定資産税課/家屋課税係の方にご相談を。

修理を急ぐ場合には、修理前の状態を必ず写真に撮っておくことが肝要です。

例えば高槻市の場合20%家屋が損壊されている場合は、
概ね1週間後から減免の受付を現在検討中のようです。

【所得税の減免】

所得税でも雑損控除という減免制度があります。
修理の内容・費用、さらに保険会社からの補てん金額(書面)
が大切です。

 

新しいページを作成しました

「遺言代用信託」(連続版)のページを作成しました。

クリックでご覧いただけます。

ページを更新しました

自社株の納税猶予贈与による遺留分対策

のページを更新しました

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP