不動産相続のお役立ち情報

道路予定地・新駅開設・大型商業施設予定地の周辺に土地をお持ちの方の対処法

道路の新設予定、区画整理区域の予定地、新駅開設や大型商業施設の予定地、 市街化区域への変更予定などの周辺に土地をお持ちの方は一年でも早く対策を 例)新駅・・・北大阪急行線2023年延伸予定【千里中央駅~箕面船場駅~箕面萱野駅】 ●新駅周辺や新線沿線の路線価が既に急騰開始 ●新駅までの東西アクセス道路の収用工事も加速中        
続きを読む >>

事業用 小規模宅地等の評価の減額特例

特例の概要 相続・遺贈によって取得した事業用・医院用や居住用の宅地については、一定の面積まで80%(不動産貸付用は50%)の減額ができます。 事業用・医院用(上限面積400㎡)と居住用(上限面積330㎡)は併用できますので最大730㎡が対象となります。   特例を受けるための宅地の要件 上限面積と減額割合 宅地の区分 細分 上限面積 減額割合
続きを読む >>

上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

土地相続税の節税は、“路線価”から 何%補正できるかがポイント! まずはこちらの動画をご覧ください! 上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取りについて説明しています。   路線価から補正できる理由 <路線価>は・・・  そもそも“道路”に付けられているもので、その道路沿いにある土地の標準単価に過ぎず、皆さま個々の土地の形や個別の法的利用制限等は考慮
続きを読む >>

土地評価を下げる為の徹底調査!

まずはこちらの動画をご覧ください! 土地評価を下げる為の徹底調査について分かりやすく説明しています。   ≪ご参考ページ≫ ★相続税は税理士選びで変わります! をご覧ください。 不動産屋さんは土地売買仲介などの為に詳細に法的な制限や不具合を調べ、「重要事項説明書」という資料を作成します。弊社は不動産免許を併せ持ち、それと同等のことを行えるスキルを有しているからこそ
続きを読む >>

『地積規模の大きな宅地の評価』

『広大地評価』は2017年12月末で廃止し、2018年1月1日~の相続発生・贈与に『地積規模の大きな宅地の評価』という補正項目へ移行しました。 ※ 広大地評価はこちら>> 解かり易くまとめると  ①  規模の大きな宅地(三大都市圏は500㎡以上、それ以外の地域は1000㎡以上)について ※『三大都市圏』にあたる近畿の自治体はこちら>>>  ②  新設の『規模格差補正率』を「奥行補正」、「
続きを読む >>

固定資産評価の修正と相続土地評価の減額

まずはこちらの動画をご覧ください! 固定資産評価の倍率方式の土地について説明しています。   H25.7.12 最高裁が、 『登録価格(=固定資産評価額)が評価基準によって決定される額を上回る場合には・・・・・違法』 との、画期的な判決を下しました。 評価額が誤っていないか検証するには、単に「高い」というだけでなく次のチェックが重要となります。   固定資産
続きを読む >>

「規模格差補正」で評価が上がった土地・下がった土地

近畿圏において、 下記の自治体は、500㎡以上(●印は300㎡以上) それ以外の自治体は、1000㎡以上の土地については以前の「広大地評価」と比較して・・・   評価が上がる可能性の高い土地の種類 (特に★印の土地は、評価額が60%以上、上がる可能性大) ★中小工場地区(路線価図で◇印が付いている道に面した土地) ★下記●印の自治体に所在する300㎡以上~500㎡未満の土地 ・基準
続きを読む >>

節税イメージ図★賃貸建物を法人名義に変更

賃貸建物を個人から法人名義へ変更した場合の節税イメージ図です。 不動産賃貸オーナーの方で ★所得税が高い ★顧問の税理士から提案が無い ★オーナーが高齢 という方は、是非ご相談ください。 「プライベートカンパニー3形態の比較表」はこちら >> 「法人設立・賃貸不動産の法人化費用」はこちら >>  
続きを読む >>

『居住用 小規模宅地の減額特例』…自宅の相続税を節税する特例を使う為の遺産分割

まずはこちらの動画をご覧ください! 居住用 小規模宅地の減額特例について分かりやすく説明しています。   特例の概要 被相続人(や生計一親族)が居住している土地を一定の親族が相続・遺贈を受けた場合には、 最大 330㎡ の部分について80%減額できる特例です。 当然、相続税は軽減できます。地価の高いところでは効果が大きくなります。 ※但、この特例を受ける為には、
続きを読む >>

不動産オーナーの対応策

不動産オーナーの対応策【盛り沢山な内容】を動画で解り易く解説しています。  アフターコロナの世の中では、従来に増して、不動産戦略が大切と言われています。 弊社では、下記のメニューを窓口一つで対応できるように、税理士・行政書士・FP・宅地建物取引士・ほか多数のスキルを有しています。お気軽にご相談ください。 ~目次 不動産オーナーの対応策~     ◆生前
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP