不動産相続のお役立ち情報

不動産オークションで高額売却&相続した貸地・老朽マンション・小作地も早めに整理

相続前後に不動産オークションで高額売却、相続した貸地・老朽マンション・小作地を有利に売却 ★今後の人口減少は、不動産の価値下落に直結するので、売却する方が増えています。 また、相続増税により、収益性の低い不動産は一層維持が難しくなりました。生前中の売却だけでなく、遺産相続に特に貸地や老朽貸家などの「低収益・高コスト物件」は相続税の負担感が強く維持も難しい為に早目の売却を検討したいものです。
続きを読む >>

生前土地評価【コスト節約や相続節税・財産配分検討に役立つ】

生前土地評価 ●『税理士により評価に差が出る24種』の土地がある場合、不動産免許を併せ持つ当事務所が相続税申告レベルで、精緻な土地評価を算出すれば皆様が今まで金融機関や建築会社などから提示されてきた相続税額とは全く異なる税額になると思います。 その評価算出の成果である「土地評価明細書」と「評価専用図面」を、ご相続発生前に、現土地所有者の資金で作成してもらっておけばご相続人様の相続後の負担が大幅
続きを読む >>

賃貸経営クリニック/キャッシュフロー分析

 まずはこちらの動画をご覧ください。 相続対策でもうかるはずが将来赤字?賃貸経営について説明しています。 賃貸マンション・アパートの供給過剰で賃貸経営が不安という方が増えてきています。 そこで、相続ステーション®では 賃貸物件のオーナーを対象に『賃貸経営クリニック』を開催しています。 ●そもそもマンション・アパートなどの建築提案の際は、 【相続節税効果】+【もうけ】を期待し
続きを読む >>

小規模宅地の減額特例の活用─同族会社事業用宅地

特例の概要 相続・遺贈によって取得した事業用・医院用や居住用の宅地については、一定の面積まで80%(不動産貸付用は50%)の減額ができます。 事業用・医院用(上限面積400㎡)と居住用(上限面積330㎡)は併用できますので最大730㎡が対象となります。   特例を受けるための宅地の要件 上限面積と減額割合 宅地の区分 細分 上限面積 減額割合
続きを読む >>

小規模宅地の減額特例の活用◆貸付事業用宅地

特例の概要 相続・遺贈によって取得した事業用・医院用や居住用の宅地については、一定の面積まで80%(不動産貸付用は50%)の減額ができます。 事業用・医院用(上限面積400㎡)と居住用(上限面積330㎡)は併用できますので最大730㎡が対象となります。   特例を受けるための宅地の要件 上限面積と減額割合 宅地の区分 細分 上限面積 減額割合
続きを読む >>

国税庁から令和2年分の路線価等に係る地価変動補正率表が発表されました

(1)令和2年分の路線価等に係る地価変動補正率について 令和2年分の路線価等に係る地価変動補正率は、路線価等が時価を上回る状況が確認された地域について、路線価等を補正するために用います。 令和2年中に相続、遺贈又は贈与(以下「相続等」といいます。)により、上記の地域に所在する土地又は土地の上に存する権利(以下「土地等」といいます。)を取得した場合には、路線価に地価変動補正率を乗じた価額に基
続きを読む >>

相続税対策に共有名義不動産の持分整理の提案・実施

数年前に兄弟は、法定相続(1/2ずつ)で共有相続してしまいました。 その後、兄さんが土地を売却して現金化したいと思い、弟さんに相談すると、弟さんは「売りたくない、活用しよう」と意見が分かれました。 土地の売却や活用には、共有者全員の了解が必要です。 しかも放置すると、将来さらに相続人の数も増えて余計にややこしくなります。(共有者死亡の度に共有者を増やしかねません) 子々孫々のために放っ
続きを読む >>

相続税対策に山林の寄付の提案・実施

2017年4月4日付けの毎日新聞夕刊にも掲載されていましたが、相続税負担と管理負担を少しでも軽減できるようにと、弊社でも遺言や相続申告の際に“山林寄付”のご相談が増えています。 市や都道府県は基本的に寄付を受付けないので、弊社では数年前から毎日新聞にも掲載されていた『公益社団法人 大阪自然環境保全協会』様にお願いしあて寄付の手続きをお手伝いしております。 但、寄付による譲渡所得税の非課税特例を
続きを読む >>

相続不動産の売却・活用のコンサルティング

相続不動産をどうするかは大切な問題です。 当社では相続申告だけでなく、下記のメニューを一貫性を持って窓口一つで対応できるスキルを有しています。 セカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。    不動産の活性化 売却手法について ★ 人口減少による 『選別の二極化』 に加え相続税が増税されました。   土地の換金を検討されている方には、納得のいく方法として複数の買取業者による不動
続きを読む >>

賃貸不動産の将来収益を考慮した遺産分割の提案

 まずはこちらの動画をご覧ください。 相続対策で行った賃貸経営が赤字の場合もあります。 相続発生時の遺産配分検討や遺言作成相続前後の財産組替に有用な判断材料となります。 相続税利回り分析   賃貸マンション・アパートの供給過剰で相続前後に賃貸経営が不安という方が増えてきています。 そこで、相続ステーション®では 賃貸物件のオーナーに『賃貸経営クリニック』『相続
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP