広大地評価の改正への対応策

2018 「広大地評価」の改正前に

既報のとおり、2018年(H30)1月1日~土地の相続・贈与に際して『広大地』(※1) 評価  の計算方法が改正されます。

どうも形状が良く、且つ、開発道路負担なくて済みそうな土地の評価額はアップしそうな雰囲気です。

そこで・・・
弊社としては、次の対策を提案したいと存じます。

お持ちの土地が現行広大地評価の適用対象であるか否かの判断を事前に行い

2017年(H29)秋に発表されるであろう「新広大地評価」の詳細が解かった段階で、大至急に新方法での評価計算を行い

2018年(H30)以降に評価額が上がりそうであれば、
 2017年(H29)中に『相続時精算課税贈与』などの対策を行なった方が有利か否かを判断

 

★皆様、機を逃されないよう、お早目にご相談ください。

 

※1 広大地評価が少し変わります
土地評価の計算方法の1つである「広大地評価」について、現行の面積に比例的に減額する評価方法から、各土地の個性に応じて計上・面積に基づき評価する方法に見直すとともに、適用要件を明確化するようです。
<2017年(H29)税制改正より>

 

 

 

 

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP