新『地積規模の大きな宅地の評価』

『広大地評価』は2017年12月末で廃止し、2018年1月1日~の相続発生・贈与に『地積規模の大きな宅地の評価』という補正項目へ移行しました。

旧 広大地はこちら>>

解かり易くまとめると

 ①  規模の大きな宅地(三大都市圏は500㎡以上、それ以外の地域は1000㎡以上)について

 ②  新設の『規模格差補正率』を「奥行補正」、「側方加算」、「二方加算」、「不整形地補正」、「間口狭小補正」、「奥行長大補正」、「がけ地補正」、「容積率補正」、「私道」、「セットバック」、「文化財」、「造成」、「傾斜地」などの補正と併せて適用

 ③  ①が適用できるのは、「普通住宅地区」と「普通商業・併用住宅地区のみで他の地区は不可。

 ④  都市計画法上の容積率が400%未満(東京都の特別区は300%未満)の地区のみ

 ⑤  市街化調整区域でも宅地分譲開発が可能な地域はOK。

詳細は、財産評価通達 20-2  をご覧ください。

 

 

参考

地積・地域別の『規模格差補正率』

地積

三大都市圏の

補正率

左記以外の

補正率

 500 ㎡ 0.80     
1000 ㎡  0.78  0.80
2000 ㎡  0.75  0.76
3000 ㎡  0.74  0.74

 

  

 財産評価通達 20-2  

 

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP