生産緑地のお役立ち情報

『生産緑地ステーションⓇ』の課題解決

私たち『生産緑地ステーションⓇ』はお客様の課題を解決する為に、各分野の専門家の知恵を結集して解決して参ります。 例えば、現状よりも 解決1●遺産分けや相続納税が楽になるように 解決2●土地を分け易いように 解決3●生涯耕作し易いように 解決4●建て易い、貸し易い、売り易いように         生産緑地オーナ
続きを読む >>

生産緑地オーナーを悩ます主な問題

【1】農業継続が難しく ●高齢化やサラリーマン兼業などにより全ての農地の耕作継続不可 ●近隣の宅地化により水質・日照悪化や周辺に気遣い必要に   【2】遺産分けや相続納税が難しく ●後継者以外からの相続分主張 ●全ての生産緑地を終生耕作しない限り農業後継者の相続税は高額に ●将来の争続防止や相続税納税に備えて何をしておけばいいか判らない。   【3】建てられな
続きを読む >>

生産緑地を相続する際の課題

代表の寺西が農家出身だからこそ、2022年問題の前に皆様と解決したいのです。   ★生産緑地のコンサルティング はこちら>>> 制度のおさらい ● 緑地指定されている間は、固定資産税・土地計画税が大幅に軽減 ● 貸農園や第三者耕作でも緑地指定は継続されるが、休耕地状態になると農業委員会等から指導を受ける。 ● 相続開始時まで生産緑地での“自作”を継続していると、相続税の「納税猶予」を受
続きを読む >>

生産緑地オーナーの為のコンサルティング

★生産緑地相続の課題 はこちら>>> 生産緑地ステーション® 代表の寺西自らが若き日に、場当たり的に農地相続・納税猶予・区画整理の全てを経験したからこそ、お客様には後悔の無い選択をして頂きたいのです。 生産緑地オーナーは、相続納税に不安を抱えながらも本音では、『納税猶予による生涯耕作地は、できるだけ絞りたい』という相続人様が増えています 生産緑地オーナーの
続きを読む >>

都市農地の一覧チャート

農地の承継は戦略的に考えないと、財産にダメージを与えかねません。 ベストな選択をされる為にまずはご相談下さい。      農 地                       生産緑地     生産緑地 以外             指定申請の際の「農業従事者」の死亡 又は 自作農地の「
続きを読む >>

生産緑地 相続前後に関するQ&A

  ★★★生産緑地 相続前後に関するQ&A★★★ Q1. 父の農地が生産緑地だと聞きましたが、メリットとデメリットは? A1. 生産緑地の指定を受けたメリットとして、固定資産税の軽減(約1/100)と相続時に終生耕作することを条件にその農地に対する相続税の大部分が猶予される制度を選択できます。 デメリットは、宅地化して売却・賃貸・建築することが制限されることです。   Q2
続きを読む >>

生産緑地の解除(買取り申出)に関するQ&A

    ★★★生産緑地の解除(買取り申出)に関するQ&A★★★ Q1. 土地所有者が農業に従事していて、生産緑地の指定後土地所有者の死亡により相続が発生した場合どうなりますか? A1. 相続人が生産緑地として営農していくか、営農できない場合に買取り申出を行なうかの判断をします。買取り申出をしても買取り者がいない場合は、買取り申出から3ヶ月経過すると生産緑地の制限は解除されます。
続きを読む >>

生産緑地 指定後に関するQ&A

  ★★★生産緑地の指定後に関するQ&A★★★ Q1. 生産緑地の指定後、原則として建物の建築ができないことについて、やむを得ない場合は建築できますか? A1. 例外として、農業の用に供する施設については市の許可を得て建築できますが、一般の住宅建築はできません。 Q2. 土地所有者が農業に従事していて10年くらいで亡くなっても30年間は生産緑地の制限が続くのですか? A2
続きを読む >>

生産緑地の解決実例(市による誤った指導を解決)

市による誤った指導の解決 農地などの不動産ボリュームの割に金融資産が少なく、相続納税の不安からご相談を頂いた。 相続発生してから生産緑地の部分解除・売却をしていたのでは、急ぎ安売りになってはいけないので、一部のみを解除&売却し、相続納税資金を捻出しておき、残地については遺言という一連のコンサルティングを施した。 N市では、生産緑地の一部のみを “故障事由” による解除をする場合に、次の①
続きを読む >>

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP