生産緑地を相続する際の課題

代表の寺西が農家出身だからこそ、2022年問題の前に皆様と解決したいのです。
 
★生産緑地のコンサルティング はこちら>>>

制度のおさらい

 生産緑地指定されている間は、固定資産税・土地計画税が大幅に軽減

 貸農園や第三者耕作でも緑地指定は継続されるが、休耕地状態になると農業委員会等から指導を受ける。

 

よくある誤解

 指定告示日から30年経過すれば、自動的に生産緑地が解除されるのではない。
 
生産緑地というだけでは、相続税評価は通常の農地の5%減額されるだけなので相続税の節税にはあまりならない。(特定生産緑地も同様と推測)
 
「納税猶予」を受けるとその農地に対する相続税の納税が大幅に猶予されるが、その農業相続人死亡するまで 自ら耕作(2018.9.1~相続発生分は「認定都市農地貸付」or「農園用地貸付け」も可)を継続しないとその猶予税額は免除されない。
 
 生産緑地の指定の解除は、① 指定から30年経過や ② 主たる農業従事者の死亡、の他 ③ 農業従事者が疾病や故障などにより、「耕作不可能な状態」になれば指定の解除手続きは可能。
尚、生産緑地の解除をしても固定資産税などが遡って増額されることはない。

  
 

2022年問題とは?

2022年(H34)春に大多数の生産緑地は指定から30年が経過し、一斉にアパート・マンション、店舗・倉庫などへの転用や売却用地として市場に出回り、周辺の賃貸事情・地下にも影響を及ぼすと言われています。

  

★生産緑地オーナーの為のコンサルティング はこちら>>>

ほかにも様々な相続対策メニューをご用意しておりますのでご覧ください。

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP