生産緑地オーナーを悩ます主な問題

【1】農業継続が難しく

高齢化やサラリーマン兼業などにより全ての農地の耕作継続不可

近隣の宅地化により水質・日照悪化や周辺に気遣い必要に

 

【2】遺産分けや相続納税が難しく

後継者以外からの相続分主張

全ての生産緑地を終生耕作、又はH30.9月~施行の「都市農地貸借法」による認定貸付をしない限り、農地相続人の相続税は高額に

将来の争続防止や相続税納税に備えて何をしておけばいいか判らない。

 

【3】建てられない、貸せない、売れない

緑地指定から30年経過しない限り

指定申請時の「農業従事者」が死亡、又は、“故障”しない限り活用(転用)・売却したくてもできない。

“故障”や死亡を理由に一部の緑地のみ利用制限を解除しようとしたが役所に難色を示された

指定申請時の「農業従事者」が小作人や子供になっているので利用制限解除が難しい

 

ご参考ページ

 

生産緑地・農地オーナーの為のコンサルティング、生産緑地の指定後に関するQ&A、生産緑地の解除(買取り申出)に関するQ&A、生産緑地相続前後に関するQ&A、生産緑地・農地を相続する際の課題 など、上記のリンクからご覧になれます。

ほかにも様々な相続対策メニューをご用意しておりますのでご覧ください。

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP