「広大地評価」で大幅節税を目指すなら・・・

税額・遺産分割に影響大

相続・贈与の際、500平方メートル300平方メートルや1000平方メートルの地域もあり以上の一定の土地であれば路線価などの35%~58.5%で評価できる手法です。
(但し、平成30年1月1日~発生の相続から改正される模様)

この評価手法を使う為には次の要件全てに合致している必要があります。

 

地域性条件(基準容積率300%未満、地域動向 等)
マンション向きの土地でないかどうか。

 

開発適用条件 
開発するとすれば道路等の負担が必要かどうか。
近隣に路地状開発がないかどうか。

 

時点条件 
相続や贈与時点で原則4階建以上の建物が建っていないか。・・・・・等々。 

昨今、当局による否認が続出しているらしいので上記の適用には豊富な経験や立証スキルを持つ専門家に相談されることをお勧めします。

konoyonatochi

空地、自宅敷地、アパート敷地、田畑、青空駐車場、シャッターガレージ,敷地、店舗・倉庫などの敷地  ほか

 

 

上記を適用する為の生前準備は

上記に該当するか否かの地区・物件の事前検証dahtaz
利用方法や地目の同一化を計る
実測地積の活用を検討
隣地購入を検討
水路や里道の付替え・払下げを検討
所有田畑間にある“畦(あぜ)” や “畝(うね)” の撤去を検討
500平方メートル~単位での同一人相続を計画
必要に応じた合筆・分筆の検討        など


ご関心のある方は相続ステーション
®までご相談ください。

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP