相続コラム

保有不動産が多いケース

【ご相談者様の状況】困っている点 父の保有不動産が多く、具体的な相続税評価額が分からず、相続税の納税資金が手持ち資金で足りるか?   【相続ステーションからの提案内容】 相続税試算を簡易な相続税評価額で行うのではなく、申告レベルと同等の精緻な土地評価額を算出することで、より正確な相続税を知ることができる。 現在の所有土地の収益性・将来性を把握できるため、所有不動産を取捨
続きを読む >>

相続人同士の仲が良くないケース

【ご相談者様の状況】 ・お母さまの相続発生。お父様はすでに亡くなっており相続人は息子2人と娘が1人。 ・財産約2.5億円のうち7割以上が不動産。遺言はない。 ・当初は仲が良かったが、遺産分割の話を進めていくにつれ、どの不動産をどちらが相続するか、お互いの意見が折り合わなくなっていった。 申告期限の一か月前になっても、お互い主張を譲らず、話はまとまらず、遺産分割が進展する気配がない。 ・本
続きを読む >>

生前贈与による2次相続対策を組み込んだ遺産分割

【ご相談者様の状況】困っている点 遺産は約1億5,000万円。相続人は配偶者(70歳)と長男・長女の計3名。 当事務所へ相談に来られた当初は、法定相続割合どおりに配偶者1/2・長女1/4・長女1/4での遺産分けを考えておられた。   【相続ステーションからの解決提案】 配偶者の財産は約5,000万円。一次・二次の相続税のトータル税額を現状の財産を基に単純にシミュレーションすると
続きを読む >>

持っている不動産が複雑なケース

【ご相談者様の状況】困っている点 被相続人は父で長男と二男が相続人。被相続人所有の不動産はご自宅(450㎡)と駐車場(800㎡)であったが、駐車場は被相続人と長男と二男が1/3ずつ所有する共有状態。 できるだけ公平な遺産分割を考えているが、金融資産はあまり多くなく、どのようにすべ きかわからない。   【相続ステーションからの解決提案】  ・ご自宅については被相続人と同居して
続きを読む >>

名義預金等

【ご相談者様の状況】困っている点 他社税理士が、依頼人の父(以下「被相続人」という)の相続税申告につき、被相続人が過去約10年間にわたり行っている孫への贈与と、死亡前2年間の間に約2千万円の預金出金があるにも関わらず、死亡時点の被相続人の預金残高のみを集計して相続税申告を2年前に行っていた。 最近になって、相続税の税務調査があり、その時の担当税理士の対応に不安を持った依頼人が、ホームページによ
続きを読む >>

相続人に子供がいないケース

【ご相談者様の状況】困っている点 被相続人:父 相続人:結婚して子供のいる長女 結婚して子供のいない二女 ・自宅不動産3,500万円+金融資産3,000万円の計6,500万円の遺産 ・遺言書なし   配偶者である母はすでに死亡(2次相続)、姉妹2人で遺産分割協議をすることに。 それぞれ50代で自身の相続の事をふまえて遺産分割協議をするにはどうしたらよいか。  
続きを読む >>

節税したいケース

【ご相談者の状況、困っている点】 <前提> ・父:被相続人 、母:先死亡 、長男 、次男 ・被相続人は1人暮らし ・依頼者:長男 ・被相続人の遺産                      (単価:千円) 被相続人の遺産 簡易評価 法定相続1/2 長男相続分  不動産 50,980  
続きを読む >>

持っていた建物と土地を売った結果、相続税の負担が減少した事例

【ご相談者様の状況】困っている点 賃貸用建物と土地を所有(テナント賃貸) 1. 建物の固定資産評価が高額・収益赤字・取壊し費用莫大 2. 土地も整形地で高額 固定資産税が居住用ではないため非常に高額であるにもかかわらず、入居率が非常に悪く、実質持ち出しになっている。将来の取り壊し費用も不安。 また、相続税の評価額も高額であるが、その値段で売却できない。 どうすればいいか? 【相続
続きを読む >>

持っている生産緑地について配偶者相続を提案して、節税可能となった事例

【ご相談者様の状況】困っている点 不動産はご自宅以外に生産緑地にある田が1箇所770㎡と市街化調整区域にある畑が2箇所 計1,800㎡について、相続人である配偶者(75歳)と息子さん(47歳)の計2名。息子さんは会社員の為に耕作はできるだけ避けたい。 その様な状況で・・・① 一次相続税の負担を少なくしたい           ② 将来の二次相続税も考えた遺産分割をしたい 【相続ステーシ
続きを読む >>

【相続解決事例】相続人の仲が良くないケース

 仲の良くない兄弟姉妹で「仲良く話し合い」というのは土台無理な話です。 本来は公正証書遺言を作成しておくべきですが、遺言もなく相続発生した場合は・・・・・ 【対応1】  当社では、“ 皆様が当事者なので放っておかないで ” という心を込めて、相続人全員に文章で呼びかけをするケースも少なくありません。  例えば、 『遺産目録の作製が完了しました。〇月〇日〇〇時に遺産分割協議の場を弊社に
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP