相続コラム

Q5. 自宅を購入し、ローン控除を受けています。 これは住んでいないと適用されないと聞きました。 転勤で引っ越す可能性があるのですが、そうなると 適用は受けられなくなるのでしょうか?

A5. 単身赴任の場合は、家族が住み続け、かつ、将来自宅に戻る予定ならば続けて適用が受けられます。 家族とも引っ越す場合は、転居の期間は受けられませんが、その後自宅に戻った場合は、再度適用が受けられることもあります。 後者は一定の手続きが必要なので注意してください。
続きを読む >>

Q4. そろそろ平成25年分の確定申告をしなければいけないと考えています。 昨年までと大きく変わった点はありますか?

A4. 平成25年分から「復興特別所得税」を従来の所得税と合わせて 納付しなければいけなくなりました。 復興特別所得税は、 配当控除やローン控除後の所得税額の2.1%です。
続きを読む >>

Q3. 遺族年金にも所得税はかかりますか。

A3. 国民年金などの遺族年金には、所得税はかかりません。所得税だけではなく相続税もかかりません。 確定給付企業年金法などに基づく遺族年金には、所得税はかかりませんが、相続税は課税されます。 詳しくは ・遺族年金他の名義変更の手続き などをご覧下さい。
続きを読む >>

Q2. 相続した財産を売却し、相続税を支払いましたが所得税も支払わなければならないのでしょうか?

A2. 相続税の申告期限の翌日から3年以内に売却した場合、所得税の譲渡所得を計算するときは支払った相続税のうち一定額を譲渡資産の原価に加算することができます。
続きを読む >>

Q1. 個人で事業を行っていた父が死亡しました。何かしなければならないのでしょうか。

A1. 父の分としては廃業届、亡くなってから4ヶ月以内に準確定申告書を税務署に提出しなければいけません。 事業を継いだ人がいれば、事業資産の継承の処理、開業届他、各種届出書の提出も必要です。それぞれ期日がありますので注意してください。 詳しくは ・被相続人の確定申告など ・所得税・法人税・消費税もご安心ください などをご覧ください。  
続きを読む >>

所得税について

Q1. 個人で事業を行っていた父が死亡しました。何かしなければならないでしょうか?Q2. 相続した財産を売却し、相続税を支払いましたが所得税も払わなければならないでしょうか?Q3. 遺族年金にも所得税はかかりますか?Q4. そろそろ平成25年分の確定申告をしなければいけないと考えています。昨年までと大きく変わった点はありますか?Q5. 自宅を購入し、ローン控除を受けています。これは住んでいないと適
続きを読む >>

Q2. どういう相続であれば特にメリットがありますか。

A2. 当社はこれまでの経験により、高い土地評価能力を有しています。相続財産に高い割合を占める土地の評価によって相続税だけではなく、遺産分割協議もかなり変わってきます。 また、相続人の今後の生活設計を考慮した的確な助言の提供は言うまでもありません。 詳しくは ・相続ステーション6つの特徴 ・申告時の土地評価は特に大切 ・遺産相続の注意点 などをご覧下さい。  
続きを読む >>

Q1. ほかの税理士事務所とどこが違うのですか?

A1. 一般的な税理士の相続経験は年に0.7件程のようですが、当事務所のこれまでの相続相談の件数は5,000件超、相続申告等の手続きにおいては約1,800件の実績を有しております。 加えて、高度な土地評価能力、万全な税務調査対策など、6つもの特徴を有しております 詳しくは ・相続ステーション6つの特徴 ・相続ステーションの総合力 ・同業他社の傾向 などをご覧下さい
続きを読む >>

当事務所について

Q1. ほかの税理士事務所とどこが違うのですか? Q2. どういう相続であれば特にメリットはありますか? よくあるご質問に戻る>>
続きを読む >>

こちらへコラムを入れていきます。

こちらへコラムを入れていきます。
続きを読む >>

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP