相続税節税の土地チェックリスト

あなたの土地もあてはまる?税理士によって評価に差が出る24種の土地

土地評価を下げる重要性についてご覧いただけましたでしょうか?

ご覧頂けた方は土地評価を下げる重要性と、お持ちの土地の評価が下がるかもしれないということがお分かりになったかと思います。 ご自身の土地が24種のどれかにあてはまるか否か是非チェックしてみて下さい。

 

ひとつでも当てはまれば相続税の節税ができるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。 

評価を下げられる 土地 24種

() 形の良くない土地(正方形や長方形でない土地)
1ktng

() 間口の狭い土地&奥行が長い土地

2mgchsm 2oknag

() 車が対向できないほどの狭い道に面した土地
3carng

() 500㎡以上の住宅敷地・アパート・空地など
4ap500

() 市街化区域にある田・畑・山林・原野
5shgchi-den
生産緑地の評価についてはこちら>> 

() 私道に面した土地
6shido

() 無道路地(道路に接していない土地)
7mudoro

() 道路・通路提供している土地
8teikyodoro

() 区分利用している土地
9-2toijo

(10) がけ地 や 地面が傾斜している土地
10keisha

(11) 建物の建築・建替えが難しそうな土地

(12) 都市計画道路い土や区画整理の予定がある土地

(13) 道路との間に水路を挟んでいる土地
13suiro

(14) 道路と地面の間に高低差がある土地
14gkkotesa
 

(15) 路線価が付されていない道に面した土地

(16) 突き当たり道路に面した土地

(17) 土地の中に赤道(里道)や水路が通っている土地

(18) 庭内神祀(や地蔵尊など)がある土地

(19) 騒音・悪臭・土壌汚染・険悪施設により活用が難しい土地

(20) 前と後ろで容積率が変わる土地

(21) 空中に高圧電線が通っている土地
21koatsusen

(22) 隣接のビル・マンション建築時に建ぺい率・容積率を使ってしまっている空地

(23) 土砂災害警戒区域や急傾斜地崩壊指定区域にある土地

(24) 河川区域や宅地造成規制区域等にある土地

自治体による国土調査(測量)の完了地(又は、実施予定のエリア)の地積は要注意です。

 

当てはまる項目がありましたか?

土地の評価が減額できた場合、税額でも大きな差が生じます。

(税率30%の相続税の場合、200㎡の土地の評価額が1万円下がっただけで200万円の評価差額となるため、200万円×30%で60万円分の節税ということになります。

当事務所ではこれまで10,000土地を超える評価を行ってきており、そのクオリティーは、会計士・税理士からも依頼も多いほどです。

是非お早目にご相談ください。

 

bouei5.fw

 

解決事例

【土地評価事例】 形の良くない土地 
【土地評価事例】 道路と地面の間に高低差がある土地
【土地評価事例】 道路に提供している土地
【土地評価事例】 道路との間に水路を挟んでいる土地
【土地評価事例】 間口の狭い土地や奥行きの長い土地
【土地評価事例】 路線価の無い私道に面した土地
【土地評価事例】 路線価のない公道に面した土地
【土地評価事例】 上手な土地評価で相続税と遺産分け良いとこ取り!
【土地評価事例】 区分評価で路線価から大幅減額
【土地評価事例】 なだらかに傾斜している土地
【土地評価事例】 自宅敷地での広大地評価の適用
【土地評価事例】 アパート敷地での広大地評価の適用
【土地評価事例】 空中に高圧線が通っている土地
【土地評価事例】 容積率の違いで路線価から減額
【土地評価事例】 固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP