保有不動産が多いケースでの解決事例

●上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

土地相続税の節税は、“路線価”から 何%補正できるかがポイント!

hosein.fw

seichitochi

保有不動産を多くお持ちの方はまずこちらをご覧ください>>

 

●適正な土地評価によりスムーズに遺産分割ができたケース

財産1億円をお持ちのお父様が他界され、相続人はお母様とご長男のお二人でした。

配偶者は1億6,000万円までは相続税がかからないことを知っていたため、すべてお母様が相続して相続税が発生しないようにと考えておられましたが、申告は必要とのことで当事務所へ相談に来られました。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●土地が多いケース

土地評価のスキル次第で相続税額が大巾に増減します。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●土地評価が遺産分けの明暗を分けたケース

土地評価を税理士が下げられないと、その土地を相続した人の相続税額が高くなるので、預金も多く相続する必要(納税資金の為に)が出て来ます。

反面、兄弟からは「高い土地と預金も多くとは厚かましい!」と対立してしまいます。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●どういう相続であれば特にメリットがありますか?

当社はこれまでの経験により、高い土地評価能力を有しています。相続財産に高い割合を占める土地の評価によって相続税だけではなく、遺産分割協議もかなり変わってきます。

本ケースに関して、相続ステーションからの詳しい回答はこちらから>>

 

●【相続解決事例】~遺産分け編~

相続ステーションでは、大阪・京都を中心に多くの相続税に関する相談を多く受けてまいりました。

保有不動産が多く持たれている方の相談も多く受けておりますので、当事務所の解決事例も豊富にございます。保有不動産が多い方で相続税申告をお考えの方はぜひご覧ください。

【相続解決事例】~遺産分け編~はこちらから>>

 

●専門家に相談して作った公正証書遺言でも相続改正決定以前に作っていたケース

相談者は不動産業を営む80歳男性でした。

配偶者は既に亡く、子は家業を継ぐ長男と他家に嫁いだ長女・二女の計3人。財産は不動産が約2億2000万円と預貯金が約3000万円、他に長女・二女を受取人とする終身保険契約が2000万円ある状況です。

相談者は、不動産のまま長男に承継していってほしいと強く望んでおり、他家に嫁いだ娘2人には各1000万円を保険金で遺し、全ての財産を長男に相続させるとする公正証書遺言をH22年に作成していました。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●相続人が苦労しそうな老朽貸家、貸地・小作地があったケース

お父様が他界され、相続人は同居の長男の他に、離れて暮らす二男・三男の計3人。
被相続人の財産は、不動産は自宅・貸地3ヵ所・貸家3軒、預貯金は約8000万円。

貸地・貸家は自宅周辺にあり、不動産は全て長男が相続し、預貯金を二男・三男が中心に相続する方向で考えてはいたものの、貸地や貸家の現況を踏まえて預貯金をどう分割されるかで悩まれ、相談に来られた。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【土地評価事例】アパート敷地での『地積規模の大きな宅地の評価』の適用

jre-12kodai

(2018年1月~の相続発生)

 

■土地面積/約 1,920 m2

■状況/近隣に戸建住宅が多い地域

 

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【土地評価事例】自宅敷地での『地積規模の大きな宅地の評価』を適用

jre-11kodai

(2018年1月~の相続発生)

■土地面積/約 1,005 m2

■状況/宅地

 

 

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【土地評価事例】形の良くない土地

jre-1nnme

■土地面積/約 457.20 m2

■状況/道路に斜めに接するような形

 

 

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【土地評価事例】間口の狭い土地や奥行きの長い土地

jre-5nagai

■土地面積/約 101.38 m2
■状況/空地

 

 

 

 

 

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

●将来線引き変更予定の土地を生前贈与して相続税が節税できたケース

枚方市内にお住いの、女性の相続税生前相談事例です。
財産は、枚方市内の土地と建物と金融資産の合計4億3260万円(相続開始時)
相続人は、娘2人。基礎控除額は4200万円。

相続税の事を心配して、相談にこられた。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【土地評価事例】固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

jre-15hyokachi

■土地面積/約 892.00 m2

■状況/倍率地域にある雑種地

 

 

 

 

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【相続解決事例】~生産緑地編~

相続ステーションでは、大阪・京都を中心に多くの相続税に関する相談を多く受けてまいりました。

生産緑地を持たれている方の相談も多く受けておりますので、当事務所の解決事例も豊富にございます。生産緑地をお持ちの方で相続税申告をお考えの方はぜひご覧ください。

【相続解決事例】~生産緑地編~はこちらから>>

 

保有不動産が多い方向けの無料相談実施中

相続税申告、相続手続きや遺言書作成など相続に関わるご相談は相続ステーションにお任せ下さい。
相続ステーションの税理士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは初回無料相談をご利用ください。
財産規模に関わらず出張相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP