申告期限がギリギリになってしまったケースでの解決事例

●税務署からお尋ね書が届いたケース

和歌山市内にお住いの、女性の相続事例。

財産は、和歌山市内の土地と建物、金融資産の合計5700万円
相続人は、配偶者と子2人の合計3人。基礎控除額は、4800万円。

相続税が課税されるとは知らず、税務署からお尋ね書が届いてもしばらく
放っておいていた。
相続税の申告期限から8か月が経過したところ、再度お尋ね書が届いたため
焦って税理士を探し始めた。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【相続解決事例】相続人の仲が良くないケース

仲の良くない兄弟姉妹で「仲良く話し合い」というのは土台無理な話です。

本来は公正証書遺言を作成しておくべきですが、遺言もなく相続発生した場合は・・・・・

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

相続税の申告期限が迫っている方向けの無料相談実施中

相続税申告、相続手続きや遺言書作成など相続に関わるご相談は相続ステーションにお任せ下さい。
相続ステーションの税理士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは初回無料相談をご利用ください。
財産規模に関わらず出張相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP