相続対策としての保険活用法

相続対策・遺産分割対策・相続節税としての保険活用法をまとめてみました。

遺産分割対策・納税資金確保の為の保険活用法

【1】 保険契約で“死亡保険金受取人”に指定されて受取った保険金は遺産分割対象外
(事情により異なりますが判例により最大全遺産の1/3まで)ですので

保険金受取人は、
  不動産や自社株など換金が難しいモノを相続しなければならない人
  に対する相続税負担が大きい方
にしておくといいでしょう。

【2】 注 意 点

  受取人の指定を間違っていませんか?
 「死亡保険金を受取らせれば遺産分割の際は主張しないだろう。」というのは誤解です。いくら死亡保険金を受取らせても、その他の財産については法定相続分まで遺産相続を主張できるからです。

  保険金受取人は1契約・1人が無難です。
   複数の人を保険金受取人にしている場合は、受取人全員の署名が必要であったり、
         受取代表者経由でしか受取れないことが多く不都合になりがちです。

  受取人を「配偶者」にするのは
   死亡保険金については、法定相続人は一定額で非課税(500万円×法定相続人の数)で受取れます。
         それを一定額(法定相続又は16,000万円)まで相続税が軽減される配偶者で使うのは?といえます。 
 

 贈与資金をムダ遣いさせたくない場合の保険活用法

贈与した資金を親や祖父母の死亡時までムダ遣いさせたくない場合は

 資金を子や孫の普通預金口座に振込により贈与
 その受贈資金にて子や孫が死亡保険契約
   契約者: 、  被保険者: 祖父母、  保険金受取人:
 保険金受取時は、払込保険料との差額のみ“一時所得”扱いなので課税上も有利。

 

その他の保険活用法

子や孫への贈与には毎年の『生存給付金』を使ったプランもおススメです。 

ご高齢の方の相続節税には、『低解約返戻タイプ』の保険も検討されてはいかがでしょう。

 
詳しくは直接お尋ねください。
 

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP