「任意後見」・「後見申立」前後の必要書類とサポート報酬について

報酬額には、別途消費税必要

 

サポート内容

費 用








 


 

 .【申立て時の必要書類:各1通】

 医師の診断書
  (専用書式あり)

 申立人の戸籍謄本
 本人の戸籍謄本
 本人の住民票
 登記されていないことの証明書
 (任意後見は不要)

任意後見契約をされている場合

 後見監督人選任申立書
 登記事項証明書
 任意後見契約公正証書
 (正本又は謄本)

※全て発行日から3ヶ月以内分

 
 

任意後見「登記事項証明書」を弊社で代理取得する場合は

委任状と
印紙代1通あたり 550円
 
代理取得報酬1万円

 

 

各種申立書の作成サポート報酬は、
5万円~10万円
 
 



 


 

II . 家庭裁判所への提出資料 

 (家裁提出用の)財産目録

 (家裁提出用の)収支目録

※次の根拠書類

 不動産登記簿謄本
 (法務局:原本必要)
 固定資産税評価明細書
 (市町村役場)
 預貯金・有価証券等の資料
 (通帳、株式の残高報告書等の写)
 生命保険、損害保険等の資料
 (生命保険証書の写)
 負債についての資料
 (金銭消費貸借契約書、借入返済明細等)
 確定申告書
 支出についての資料
 (各種税金の納税通知書、健康保険料等通知書、医療費、施設費の領収書等)

左記「財産目録」及「収支目録」など、財務書類の作成サポート報酬
 
10万円×2種類

 



 


後見事務の補助
 3~6ヶ月毎に下記資料の提出
 ① 財産目録
 ② 収支計算書
 ③ 収支予定表
後見開始後の初回のみ、1ヵ月経過時に提出

(概ね年2回~4回)
3万円×3種類

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP