「相続放棄」発言や過去の念書で安心していたケース

ご相談者様の状況

夫に不幸がありました。相続税の基礎控除額は超えており申告義務があります。
相続人は妻である私と子の2人ですが、生前中より私がすべて相続するよう夫と子供との間で話がついていました。

放棄の手続きは夫が亡くなってから3ヶ月と聞きましたがどうしたら良いでしょうか。

相続ステーションの提案内容

弊社は10年間にわたり、年間100件を超える相続税申告に携わってきましたが、生前中の口約束通り相続放棄された案件は2%程度です。

本当の放棄というのは相続手続きの流れにもあるように、放棄しようとする相続人が相続発生後に3ヶ月以内に自らが亡くなった方の住所地の家庭裁判所に相続放棄の申述書を相続発生後3ヶ月以内に提出する必要があります。

つまりは、「何もいらない」と言ってくれている人が自らアクションをおこす必要があるのです。

しかも、その相続放棄の申述書は家族の代理提出はできず、亡くなった方の遺産についての記載まで必要となるのです。

なので、弊社が相続発生後に連絡を頂いた際には、生前中から放棄する意思の有無をお聞きし、相続発生後も気が変わっておられないようであれば、放棄の申述書の書き方や提出の仕方などをアシストするように心がけています。

しかし、そのためには遅くとも相続発生後2カ月程度までには、ご相談いただかないと間に合いません。

親族関係の相談ケースの他の記事

解決事例の他の記事

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP