家族信託(民事信託)をイメージ図で解説

家族信託(民事信託)をイメージ図で解説

家族信託とは、別名を民事信託といい、自分の財産を信頼できる家族などに託して財産を管理・運用・処分・承継してもらう方法です。当事務所では、①認知症の対策②遺言の代用③共有不動産の対策 として活用のコンサルティングを推進しています。

相続発生前にしておきたい対策「家族信託(民事信託)」

家族信託(民事信託)って何?の疑問をイメージ図を使ってできるだけ解り易く解説した動画を、まずはご覧ください。

▲このページ(レジュメ)TOPに戻る

高齢になると、手間がかかる資産の管理は難しくなりとても大変になりますが、その様な時に、家族信託とは、信頼できる家族などに自分の財産を託して適切な方法で財産を管理・運用・処分・引継ぎをさせる為の方法です。通常、預けた財産から発生する利益は委託者が得るのが一般的です。
資産の所有者に信頼され、信託を引き受けた家族に、信託する資産を移転します。
信託を始めると、それ以降、信頼され資産を託された家族が資産の名義人となり、その資産の管理を行っていきます。

家族信託とは、信頼できる家族などに自分の財産を託して適切な方法で財産を管理・運用・処分・引継ぎをさせる為の方法で、通常、預けた財産から発生する利益は委託者が得る、という流れです。

【1】認知症対策としての信託

本人の意思能力が無くなれば下記のような財産管理の問題が生ずる為に対策しておく必要があります。

  • ① 不動産の売買や賃貸契約
  • ② 株式・投信・国債等の取引
  • ③ BKとの入出金取引
  • ④ 取締役や株主としての議決

ですが、家族信託を使えば問題が生じないようにできます。

関連ページ
認知症対策としての信託の適用判断・実施

最大の特徴 【2】遺言代用としての信託

家族信託では次の次まで受益者(=実質財産承継者)の指定が可能です。つまり『自宅は妻に、妻死亡後は子供がいないので甥に』(下記)や、『自宅は妻に妻死亡後は孫に』など、次の次まで承継者の指定が可能です。

関連ページ
受益者連続型信託…遺言代用としての信託の適用判断・実施

【3】不動産の共有問題の解決

兄弟姉妹や親族との共有不動産は、活用時や売却時・賃貸契約時など共有者の完全同意が必要でイザと言う時に意思決定に時間がかかり支障をきたしがちです。
ですが、家族信託を使えば問題を回避できます。

関連ページ
家族信託コンサルティング
家族信託・遺言・後見の比較検討

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30