相続税申告トータルサポート

家族信託・任意後見契約(成年後見の対策)

  • 家族信託(民事信託)
  • 任意後見
  • 生前贈与

現所有者が認知症を発症しても、財産管理などで困らないようにする手法としては、
②民事信託(家族信託)
①あらかじめ後見人を決め公正証書で契約しておく「任意後見契約」
などがあります。
どちらの方法がマッチしているのかは、財産内容やボリューム、相続人の状況などにより異なり、その判断には豊富な知見が要求されます。
他方、相続人の1人が認知症になった場合でも遺産分けで困らないようにしておく方法には
①遺言
②遺言代用の家族信託
③生前贈与
がありますが、どの方法がベストなのかの判断には豊富な経験が必要になります。

初回相談無料あなたに最適な相続プランを
ご提案いたします!

営業時間平日:AM09:30~PM19:30/土曜:AM09:30~PM17:30

相続税申告・相続手続きの
サポート7つ

亡くなった方から相続や遺贈によって財産を取得した場合にかかる「相続税」。
その申告と納税は10ヶ月という限られた期間内で終える必要があります。
相続ステーションⓇでは、相続税申告累計2,930件を超える実績と豊富な経験・ノウハウがございます。
相続専門の税理士がお客様に合ったサポートを提案しています。

相続対策・生前対策の
サポート6つ

相続税や争族は、生前対策次第で、かなり軽減できます。
相続ステーションⓇでは、様々なメニューの中から、財産内容やご相続人の状況に合った最適なサポートを提案しています。

電話無料相談予約をする
平日 9:30〜19:30
土曜 9:30〜17:00