相続手続きと相続税申告をスムーズにする公正証書遺言の公証人手数料

公証人手数料令という法律により全国一律で定められています。

公正証書の作成報酬
(受遺者が2人以上の
場合は受遺者単位)

目的の価格 手数料
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円

以下超過額5,000万円までごとに、3億円まで13,000円、
10億円まで11,000円、10億円を越えるもの8,000円加算

<備考>
1.目的価格の例
   不動産 … 固定資産税評価など
   その他 … 額面や時価など
   算定不能の場合   … 価格500万円として算定

2.上記に遺言手数料を受遺者数分加算
   目的の価格が1億円まで11,000円加算
   遺言の取り消しは11,000円(目的の価格の手数料の半額が下回るときはその額)
   秘密証書遺言は11,000円

3.役場外執務(遺言等)
   日 当 … 20,000円(4時間以内10,000円)
   交通費 … 実費額
   病床執務手数料 … 2分の1加算

相続ステーションⓇ のご参考ページはこちら↓

遺言が必要な15のケース はこちら>>>

遺言作成サポートの流れ はこちら>>>

プロも知らない遺言作成12の極意 はこちら>>>

遺言作成・遺言執行の料金表 はこちら>>>

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30