路線価評価で節税できる?「24種の土地」該当チェックリスト

節税できる、24種の土地イメージ

動画で解説!節税できる、24種の土地

動画で節税できる24種の詳細を解説しています。税理士によって相続評価に差が出るので土地の相続は是非、当事務所までご相談下さい。

▲このページ(レジュメ)TOPに戻る

【土地評価事例】上手な土地評価で相続税節税と遺産分け良いとこ取り!>>>はこちら 相続税還付

評価を下げないと損する 土地 24種 土地評価専用図面や不動産法令を駆使してアピール

自治体による国土調査(測量)の完了地(又は、実施予定のエリア)の地積は要注意です。

当てはまる項目がありましたか?

土地を相続する場合は、税法と土地の評価にも精通した専門家に相談いただくのが一番です。税務署に土地評価のご相談を検討される方もいますが、あくまで税務署は税金の専門家であり土地の専門家ではありません。ですので、節税可能性を指摘してくれる可能性は低いでしょう。

土地の評価はやはり土地の専門家にお任せいただくのが一番節税できるので、まずは専門家にご相談いただけたらと思います。

初回相談無料
あなたに最適な相続プランを
ご提案いたします!

営業時間平日:AM09:30~PM19:30/土曜:AM09:30~PM17:30

【解決事例 土地評価 32事例】

動画では、12事例を抜粋して実際にどれくらい評価額に差が出たのかの解説しております。

ひとつでも当てはまれば相続税の節税ができるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。 

関連ページ 相続税の節税は選ぶ税理士で変わる!申告や対策の方法を税理士法人が解説

相続ステーションより

相続税申告に際し、土地の評価額を下げることで節税できます。路線価と呼ばれる宅地の1㎡あたりの価額から合理的に減額しないと相続節税できません。このページでは、評価額を下げることができる24種類の土地をわかり易くご紹介します。場合によっては数百万〜数億円の節税に繋がることも多いので、遺産に土地がある方は確認していただくと良いでしょう。

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30