【土地評価事例】隣接のビル・マンション建築時に建ぺい率・容積率をつかってしまっている土地

【土地評価事例】隣接のビル・マンション建築時に建ぺい率・容積率をつかってしまっている土地

■土地面積/約 183 ㎡
■状況/コインパーキング

状 況 相続評価
当初の評価 外見上はコインパーキングにしか見えないので、普通に自用地評価としていた 2,198万円
相続ステーション®の評価 隣接しているマンションの新築時の建築確認書をチェックしたところ、そのマンションの敷地の一部として建ペイ率・容積率を使っていることが判明したので、借地権を控除 879万円 

相続評価の差

(相続税額の差)

  1,319万円

(549万円)

上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!…“路線価評価24種の土地の該当判断(解説動画つき)”

土地評価を下げる為の徹底調査(解説動画つき)

土地評価 32事例

まずはこちらの動画をご覧ください!
税理士によって相続評価に差が出た土地 12の実例を説明しています。

相続税の節税は選ぶ税理士で変わる!申告や対策の方法を税理士法人が解説

 

上手な土地評価で相続税節税と遺産分け良いとこ取り!

土地評価を下げる重要性についてご覧いただけましたでしょうか?

ご覧頂けた方は土地評価を下げる重要性と、お持ちの土地の評価が下がるかもしれないということがお分かりになったかと思います。 ご自身の土地が24種のどれかにあてはまるか否か是非チェックしてみて下さい。

ひとつでも当てはまれば相続税の節税ができるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。 

相続ステーションより

隣接している既存マンションの建築時に、マンション敷地の一部として建ぺい率・容積率を使ってしまっている場合の土地評価事例。

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30